マンガ・イラスト

仲本りさのナース日記

参加してよかった!国際医療ボランティア活動において大切なこと|仲本りさのナース日記【ミャンマー編⑥】

2019/3/15

こんにちは!仲本りさです。
なかなかお腹の調子は戻らず迎えた、国際医療ボランティア6日目です。笑

さて、
今回の参加した短期ボランティアですが、私は「術後管理コース」への参加だったため、病棟での医療活動を行ってきました。

ですが、ジャパンハートのミャンマーでの活動は「オペ」がメインなんです。

いくつか国際医療の団体がありますが、海外でメスを入れる医療行為を行うことができるのは、一部の限られた団体のみ。

ジャパンハートでは、創始者である吉岡先生の「医療のないところに医療を届けたい」という強い思いにより、現地でのオペが可能になったのだそうです。

あいにく、私が滞在したタイミングでのオペはなかったのですが、オペ室を見学させてもらいました。

普段病棟で勤務している私にとって、手術室看護というと、畑違いのどこか遠い専門職のような気持ちでした。

ワッチェ慈善病院では、オペを集中的に行う期間もあるそうで、その期間中にボランティアにきた看護師は、オペ室経験の有無は関係なく、手術中の介助の仕事も行うそうです。

「手術室看護の経験がないのに、できるの…?」と不安に思ってしまいますが、 長期ボランティアで来ている多くの人が、日本では手術室の経験がなかったけれど、ここで学んでできるようになったとのことでした。

 

この続きは会員登録をすると見ることができます。

会員登録(無料)
すでに会員の方は、続きは↓2ページ目↓で
1 2

コメントを書き込む

・コメントは、運営部確認後に公開されます。

・メールアドレスが公開されることはありません。

仲本りさのナース日記の新着

マンガ・イラストの新着

関連するキーワード

検索