エッセイ

ナースのちょっとイイ話

おかしいと思ったら、たとえ〇〇であっても疑うべき

2018/3/28

テーマ:あの時の「失敗」が、私を成長させてくれました

信用しない

utagau

先輩の行動を見て

新人のとき、回診を医師と先輩看護師と私で回っていました。
先輩看護師は医師の指示を聞いてメモをとっていたので、ちゃんと聞いてメモとるといいんだなぁ程度に感じてました。

あの時の先輩の行動を真似したら…

後日、先輩看護師が短時間その場を離れたとき、医師の指示を受け取りました。
その指示はルーティンで出しただけて患者にあっているとは言いがたいものでしたが、医師の指示をそのまま受けている先輩看護師の姿しか見ていない私は、疑問をいだきながらも受け取りました。
しかし、やはりその指示は患者にあっているものではないため指示をもらい直すことになり、先輩看護師と師長には確認しなかったことを怒られるし、医師にはその場で聞き返せと怒られるしで、イラッとしました。

本当に正しいのかを疑う

このときから医師の指示は疑ってかかるようになったのと、先輩看護師の行動も疑うようになりました。
信用しないと言うことではなく、本当にその指示はその患者に合うものか疑うことができるようになり、自分自身の知識を増やす・勉強し直すきっかけになりました。

●執筆●ひな さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索