エッセイ

ナースのちょっとイイ話

笑顔で文句を言わない患者さん。でも、亡くなったあとに…

2018/3/10

テーマ:看護師として自分が成長したと思えた瞬間

ご家族のことば

kotoba

いつも笑顔だった患者さん

ご家族が毎日、患者さんに付き添っていました。
昼も夜もなので、ご家族の健康が心配でした。
その患者さんはいつも看護師の前では笑顔で、何一つ文句を言うことのない人でした。

亡くなった後に知った、患者さんの本音

しかし患者さんが亡くなった後になって、ご家族から患者さんがかなりつらい思いをしているのに、看護師の前で明るく振舞っていたことを知りました。
我慢強い人でした。

業務をこなすだけにならないように

その経験から、患者さんやご家族の表面しか見ていなかったことに気づかされました。
以来、患者さんやご家族との何気ないおしゃべりをすることで本音を導くことが大事だと思い、業務をこなすだけにならないように気を付けています。

●執筆●ぐざ さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索