アンケート

看護学生

先輩が教える!国試合格のための当日の過ごし方

2019/2/7

いよいよ国試前日・・・明日のために準備したほうがいいことってなんだろう、と漠然と不安になったり、慣れない地での受験で体調がすぐれなかったりと、普段と同じように過ごすことってなかなか難しいものですよね。そこで、今回は国試当日にやっておいたほうがいいこと・気をつけたほうがいいことを先輩たちに聞いてみました!

shiken 3

体調を考慮した食事はとっても大切!

消化にいいものを、ちょうどいい量で

もともとは大食いなんですが、おにぎり1個と飴やチョコレート、ナッツ類を摂取。 消化に時間がかかると頭に血が行かず眠くなるので、腹八分目を心がけました。

試験当日、朝ご飯は食べること! パンよりご飯がいいよ!ということで、おにぎりを食べました。

よくありきたりですが、昔ながらの風習で、小さい頃からいつも、受験やテスト前、大切な日の前には、いつも決まって、母親が豚カツを作ってくれました。 そのおかげでか、受験にも合格し、看護師国家試験にも無事に合格できました。

いつも食べないものに注意!

学校で前泊したホテルの近くに美味しいって評判のイタリアンのお店があって、友達と2人で海鮮納豆スパゲティを食べました。 私は平気だったんですが、友達が牡蠣かイカでおなか壊しました。 また、朝食バイキングが美味しくて食べ過ぎて、午前中の試験で胃がムカムカしました。

豆乳が頭を活性させると聞き直前に1パック飲んだが、試験中尿意が強くて集中できなかった。 トイレに行ったけど時間もロスした。いつも通りが一番だと感じた。

ホテルに前泊予定の人はここも注意!

気分転換できるのも◎

ホテルから会場の下見をして良かったです。 都内の慣れない地下鉄の駅で迷わすに済みました。

試験会場が遠かったため、ホテルに前泊していましたが、試験までの間は部屋で1人勉強する時間を確保しつつ、友達と気分転換で散歩に出かけていました。

前日に会場近くのホテルに友人と泊まりました。 チエックインから国家試験へ向けてラストスパート。お互いに問題を出し合いながらご飯を食べたり、ベッドにゴロゴロしながら問題集を読んだり。もう必死でした。 今思えば、同じ目標に向かって一緒に走った友人は今も大切な人達です。違う職場に移ってもあの想いは共有していると思います。 懐かしく、あんなに人生で頑張ったことってないんじゃないかなって振り返れます。そして国家試験を友人全員合格した嬉しさは何物にも代え難い想い出になっています。

緊張で試験前日ホテルで寝付けず、一緒に泊まっていた友人とレビューを見ながら問題を出し合いました。
意外と問題が出題されてて、自信もって回答できました!

しっかりと睡眠がとれるように気をつけて!

地方のため、試験会場のある地域に行き、ホテルで眠れなかった。興奮が試験終了までなんとか?続いてはいたが、こと切れる場合を考えると恐い
緊張・興奮・あがると思うので、コンディションよく睡眠やリラックスは大切!

前日に緊張と興奮で眠れなくなってしまい、なんと国試当日に寝坊してしました! みんなはバスに乗っていたのですが、ホテルの部屋に電話がきて慌てて支度し朝食も食べずに会場へ。 バスのなかで何とか気持ちを落ち着かせてお菓子で糖分を摂取し、何とか試験を受け合格することができましたが、今思い出しても本当に恐ろしいことです。 とにかく前日は余計なことは考えす今まで頑張ってきた自分を信じて早くねるのが一番だと思います!

食事や睡眠は、当日のコンディションに大きく影響するのでとても大事ですよね!次は、実際に当日どんな風に過ごすといいのか?会場で気をつけることなど先輩に聞いてみました!

1 2

看護学生の新着

アンケートの新着

関連するキーワード

検索