エッセイ

ナースのちょっとイイ話

あまり話したことのない後輩との「最後の夜勤」が、思わぬ方向へ…

2017/12/27

テーマ:夜勤中のエピソード

後輩

ryugaku

あまり話しをしなかった後輩の「最後の夜勤」

なんとなく話をすることが少ない4年目の後輩と夜勤になった時のこと。
彼女は最後の夜勤で、来月からアメリカに留学のため退職予定でした。
最後の夜勤ということで、私はケーキを買ってきて、夜勤メンバーと先生でささやかながら夜勤休憩中にお疲れ会をしました。
そしてその夜はいつも忙しい病棟がなんとなく静かで、コールも少ない夜でした。

夜勤が一緒だったからこそ

そういったこともあったのでしょうか?
彼女とアメリカでどうするのとか、今後どうするのかなど話をしました。
こんなに彼女と2人で向き合い、話をしたことはありませんでしたが、自然と話ができました。
そしてその中で「○○さん(私)のこういうところを尊敬していた。」と言われ、彼女と仕事上の付き合いしかしていなかったのに、そういう風にみてくれてたんだな。とうれしくなりました。
いまでもメールでですが、付き合いは続いています。

●執筆●なな さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索