エッセイ

ナースのちょっとイイ話

救急救命センターでの挫折。乗り越えられたのは…

2017/8/23

テーマ:新卒看護師時代の失敗や挫折、その乗り越え方

患者の急変

kyuhen

先輩に言われるがまま…

三次救急にいます。
救命救急センターで敗血症で入院中の患者がいらっしゃったのですが、夜勤の時、それまで落ち着いていたのに、朝、血圧が70台まで下がっていました。
脈も早くて、先輩に言われるがまま動く自分に情けなさを感じ、落ち込んでいました。

認定看護師さんの指導を受けながら

その時ちょうど同じ現場にいたのが、集中ケア認定看護師の方で、後から、観察の仕方やケアについて丁寧に教えてもらって、自分が気付けなかった点を理解できるようにしてもらえました。
それから救命救急や集中治療といった分野で活躍する認定看護師さんにもっと知識を教えてもらうため、毎日、聞きに行くようになりました。
学会にも誘ってもらって、仕事終わりにも教えてもらったりして、本を熟読しながら、同じ事が無いように必死で勉強しました。
今では中堅と言われる世代になり、自己研鑽のため、学会へも自分で行ったり、認定看護師さんから、新しい情報をもらっています。
後輩に指導する立場になっていますが、もっと上を目指そうと思えた瞬間でした。

●執筆●モモ さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

関連するキーワード

検索