エッセイ

ナースのちょっとイイ話

いつも怒られていた私。誰も見てくれてないと思っていたら…

2017/7/8

テーマ:尊敬できる人との出会い

ありがとう!○○先輩。

arigato

ベテラン看護師に怒られる日々

私が新人の頃の2年上の先輩看護師。看護師という仕事を覚えることでいっぱいだった当時の私は余裕もなく、ベテラン看護師にいつも怒られていました。
その為、自分のすることすべてが不安で仕方ありませんでした。

先輩がくれた「手紙」

そんなある日、その2年先輩が結婚退職をされることになりました。
その先輩とは特別な接点はありませんでしたが、退職される日に一通の手紙をくれました。
その手紙には「もっと自分に自信をもって!○○さんは(私の名前)は素敵な看護師だよ。大丈夫、大丈夫!。○○さんの笑顔で患者さんが笑顔になっているんだから。患者さんからよくそんな話を聞いてるよ」と書かれていました。

手紙に勇気づけられて

失敗を恐れ、毎日ビクビクしながらそれまで仕事をしていましたが、その手紙をいただいてから、「こんな風に私は思われていたんだ」ととても勇気づけられ、うれしい思いでいっぱいになりました。
それからは、とにかく私は患者さんの前では常に笑顔を絶やさず接しています。ビクビクしていませんよ。

●執筆●若かりし頃 さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索