エッセイ

ナースのちょっとイイ話

先輩の「厳しい指導」の意味を知った時、あふれた感情は…

2017/4/5

テーマ:「先輩」の立場になって気づいた、「後輩」時代には気づかなかった先輩のフォロー

側に居てくれた

itsumosobani

先輩の厳しい指導

何も分からない新人時代。
分からないことばかりで、また恐怖で不安で一杯の時に、側に先輩がいつも居てくれて、一緒に教えてくれました。
分からないから一人では出来ないと心の中で思いこんでいるときには、教えてもらおうとするな自分で気付け!学んでいけ!と きつく注意を受けました。

先輩が厳しかった理由がわかり…

怒ることはエネルギーがいります。本当にしんどいし夜も寝れなくなるときも有ると、先輩は話してくださいました。
実際に一人立ちしていて、この場面で後から困らないように 厳しく何回も言われてたんだと気付くことも度々です。
それなのに先輩が見ていると緊張していて出来ないとか、聞きにくいとか、言っていた未熟な自分が本当に恥ずかしく、申し訳ないです。
ごめんなさい

●執筆●さかな さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索