エッセイ

ナースのちょっとイイ話

介護福祉士として。そして、看護師として。

2017/3/1

テーマ:違う立場に立って、見えてきたもの

介護福祉士から看護師になって見えたこと

kaigoshi colum

介護福祉士から、看護学校へ

天職と思って続けて来た介護福祉士。
在宅と関わる機会を持ってから看護師に興味を持ち、改めて看護学校へ進学した。

看護師の視点から見た介護の現場

看護師になってから介護の現場を振り返ると、介護福祉士としてプロ意識を持ってやってきたけれど、果たしてその時のケアが良かったのか…疑問に思えることが出てきた。
あの時こうしていれば、もっと安楽にケア出来たのでは…あの時のあれは間違っていたのでは…あの薬を飲んでいたのだから、もっと違う視点で介護出来たのでは……と。

介護の経験を生かした看護師に

今後、いつになるかわからないけど、介護の現場に看護師として戻るつもり。
その時は介護に活かせる看護の知識を提供し、よりよいケアができるようにしていきたいと思う。

●執筆●あたみ さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索