エッセイ

ナースのちょっとイイ話

家族で決めた「嘘」が、ナースの私にとっては…

2017/2/18

テーマ:看護師をやっていてもっとも辛かったこと

嘘をつくこと。

grand mather

家族で決めた「嘘」

看護師になり、4年目の時、祖母が入院。検査の結果、肺ガンの診断。
家族会議の結果、告知はしないとなり、みんながおばあちゃんに嘘をついた。

「本当のこと、教えて」という祖母に、私は…

最初は何も言わなかったが、入院も長くなり、薄々何か気づき始めたおばあちゃん。
ある日、私が1人でお見舞いに行くと、「この子も看護師なんだよー」と同室者や病院のスタッフに紹介してくれて、賑やかに過ごしていたが、急に「..〇〇ちゃん、ばーちゃんは本当は何の病気??みんななんか隠してないかい?〇〇ちゃんは看護師サンだから、わかるでしょ?
〇〇ちゃんが言ったって言わないから、誰にも言わないから、本当のこと、教えて。」と、言われた。
「みんな言ってるでしょ?〇〇だよ」と、家族会議で決めた病名を言う。
「そう‥」と寂しそうに言ったばーちゃんの顔が忘れられない。

看護師だからこそ、辛い

おばあちゃんはきっと本当の事を知りたかったんだと思う。
看護師の孫ならわかるはず、と聞いてきたのに、嘘をつかれて悲しかったと思う。
あの時は看護師なんかなるんじゃなかった、とすごく悲しかった。

●執筆●いち さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索