エッセイ

ナースのちょっとイイ話

すぐ「前の部署は…」という先輩。今思えば、その理由は…

2016/12/21

テーマ:印象ががらりと変わった先輩

頑張りすぎな先輩

kangei

「前の部署は…」という言葉に

異動してきた先輩が、はじめ、凄く自分の気持ちを押し付けておられ、「前の部署ではこうだったのに、ここではどうなってるの?」と何か出来事が起きるたびに前の部署と比べてしまう先輩。
「前のことは忘れて、今を考えなければきりがない」と私は思っていました。

始めの印象と違う?

だが時間が経つにつれ、先輩が患者様に多忙にも関わず、対応している姿に白衣の天使でした。
初めは、キツイ、前の部署を引きずっている人だと思いましたが、患者様に優しく接する姿をみて、悪い人ではないと感じました。

受け入れる側として

また、前の部署を引きずってしまうくらい、今の部署がその先輩をちゃんと受け入れられていなかったのだと、自分が恥ずかしくなってきました。
今では仲良しの先輩ですが、新しく異動されてきたり、新人さんが入職してこられた際には、愛情をもって、ウェルカムな姿勢を触れてはいけない瞬間だと気づかされました。

●執筆●ヤット さん
地域包括病棟
このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索