エッセイ

ナースのちょっとイイ話

入院して気づいた「患者として、ナースとして大切なこと」

2016/11/30

テーマ:ナースが体験した「人生の転機」

入院

nyuin

「このままでは、患者さんが危ない」

体調が悪くて、毎日のように不明熱が出て、体重も激減し食べられなくなった。
「このままでは、患者さんが危ない」と思い、診断書を書いてもらい、入院・検査をすることになった。

患者になって気づけたこと

初めての入院で、どんな病気かはもちろんのこと、離婚したばかりでもあったので、子ども達の事やこれからの生活・仕事の事等、不安が大きかった。
焦りもあり、イライラしたこともあったが、結局は焦ってもどうすることも出来ないこと、病気の事をきちんと理解しコントロールしていく必要があること、また看護師の姿勢・本気度が患者には伝わるものだと言うことも分かった。
うわべだけだと「この人に言っても駄目だな…。」というのが、本当に良く分かりますね。
今では病気になって良かったと思えるし、頑張って仕事しています

●執筆●you さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索