エッセイ

ナースのちょっとイイ話

試験直前の手術。医療従事者の心温まる対応に…

2016/11/12

テーマ:看護師「ならでは」の経験

手術

syuzyutsu

試験の一週間前に

資格試験の一週間前に乳ガンの手術をしました。
ちょうど資格試験の一ヶ月前に診断され、決心して手術を受けました。

退院時にもらった「合格祈願のお守り」

手術担当看護師は学生時代の先輩。
一緒に「辛かったね」と泣いて下さり、手術の麻酔がきれた際も「傷口とても綺麗ですよ」と声かけて貰い、目覚めました。
また主治医の先生が『君は患者の気持ちがわかる、良い看護師になれるぞ』と耳元で声が聞けて来ました。
退院の前に受け持ち看護師さんが、合格の祈願のお守りを下さいました。

看護師になりたいと、強く思った

本当にありがとうございました。
辛いはずの経験が 心温まる医療職の方たちのお陰で幸せな感謝の気持ちになれました。
そして強く 看護師になりたいと思わせてくれました。

●執筆●寅次郎 さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索