エッセイ

ナースのちょっとイイ話

年下のプリセプターが私に感じていたこと

2016/3/30

テーマ:印象ががらりと変わった先輩

既卒者看護師としての経験

toshishita

先輩から警戒されてしまう

国立大学を新卒から4年間勤めてからの転職。経験はあっても部署やいわゆるお作法が違うため、「アンプルカット」から技術チェックを行うという病院。
年下の先輩もいる環境で、既卒であることから警戒されているような気がしていました。

年下のプリセプター

担当になったプリセプターも3つ下。
敬語を使われるが、結構技術一つ一つを確認してくることや、言葉のとげに正直苦手な人と思っていました。

相手も自分に困惑していた

数年して慣れてくると先輩も意見を聞いてくれたり、薬や症状を相談されたりするようになり、私も相談できるようになったとき。
「既卒の人だから緊張した。脅威におもっていた」と食事の席で言われました。
自分が相手に思っていたように、相手も自分に困惑していた様で、私自身が開示していなかったことが相手にもつたわっていたのだと思いました。

●執筆●sa さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索