エッセイ

ナースのちょっとイイ話

分娩介助中に震災発生

2014/11/22

テーマ:東日本大震災を経験して

命を守る

QX019001_L

震災の瞬間、分娩中の産婦さんと分娩室に。

震災は分娩中の産婦さんがいる分娩室だった。分娩室の機材がゆれ落ちてきた。
産婦さんは恐怖の中、「絶対あなたと赤ちゃんを守ります。もう少しで生まれますよ」と声をかけると安堵の表情に変わった。
無事に元気な赤ちゃんが産声をあげた。
その後、停電と余震の中、分娩する方々は大勢いた。

我が子も心配な中「看護師の使命」を全う

私にできること。二人の命を守る、それしか考えていなかった。
小学校にいる我が子は無事か・・・頭をよぎった。それでも、医療現場にいるからには、赤ちゃんとお母さんの命を守ることに徹した。
我が子は「学校の先生が必ず守ってくれる」そう信じた。
幼子を置き、仕事に従事すること。看護師の宿命であり使命だと感じたのは、初めてだった。

●執筆●匿名 さん
このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

関連するキーワード

検索