ナースエッセイ

エッセイ

ナースのちょっとイイ話

看護の支柱になった出来事

2014/7/29

テーマ:看護師になってよかった!

初めての受け持ち患者様

新人看護師として初めての受け持ち患者様。日々ケアやコミュニケーションを行ってきたさなか、ある日、とても機嫌が悪く、スタッフに対しても私に対しても当り散らしていました。

essay13

そっとしておいた方が良いのか判断がつかない私でしたが、一人っきりにしておくことができず、1時間に1回は訪室し、声掛けをしていました。

そして患者様から…

しかし、苦虫をつぶしたような表情は続き、私自身ギブアップしそうになった頃、ずっと下を向いていた患者様が顔を上げ、「ごめんね、はにさん。いろいろとムカついていて君にあたってしまった。そんな私を避けずに何回も来てくれたのが何だかすごく嬉しかった。また明日もよろしくね。」といつもの明るい表情に戻っていました。
私はただ訪室と声掛けを行っただけだったのに、このケアが大きな効果を発揮することに気づかせてくれた出来事でした。

この出来事は今の私の看護の支柱にもなっています。

●執筆●はに さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索