エッセイ

ナースのちょっとイイ話

私の看護師人生は、高校時代の帰り道から始まりました

2018/9/12

テーマ:私をナースへと導いたきっかけ

おばあさんの道案内

annai

学校の帰り道に

高校時代、学校の帰り道で、道に迷ったおばあさんに話しかけられました。

目と足が悪いおばあさんでした。近くに息子さんの家があるということだったので、そこまで案内しようと付き添いました。ところが、目があまり見えない方や足が悪いかたの歩行をどのように援助したらよいかわからず、戸惑いました。

どう手助けしたらいいか、勉強したい

今思えば認知症もあったと思います。コミュニケーションもどうとったら良いかよくわからず…

その後、おばあさんの近所の方が偶然通りかかり、その方が家までつれていってくれることになったので、そこでお別れしました。 別れ際におばあさんと近所の方がすごく感謝してくれとても嬉しかったことと、障がいのある方やお年寄りをどう手助けしたらいいか勉強してみたいと思ったことが、看護に興味をもつきっかけになりました。

●執筆●なっつさん


このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索