エッセイ

ナースのちょっとイイ話

国試前、私が焦ってしまった理由

2017/8/16

テーマ:国試の勉強と実習の両立

焦り始める前に

aseri

夏休み、必死に勉強したけれど

わたしは実習中に国試の勉強はほとんどしてません。ほとんど、、、全くと言っていいほどしてません。
実習の記録物を終わらせることが優先だったから。実習の記録物を完成させ実習を合格しなければ、国試は受けれません。
わたしは、実習が休みとなる夏休みに東アカにいき、必死に勉強していました。
過去問から、わからない単語を調べたりしながら、1日中勉強してました。
実習が終わる11月から、本格的に勉強していました。

後から焦る前に

題名にもあるように11月から勉強しては、正直遅いです。焦ります。
じゃあ、どうしたらよかったのかなと考えたときに、実習の中で少し記録物が少ないものがあるはずです。
少し楽だなと思った実習の時にその領域の勉強をしておくことが大切だと思います。
そうすることで、その領域は見直し程度の勉強で済むので実習が全て終わる頃から始めても、焦りは少し和らぐと思いますよ

●執筆●あいたろ さん
一年目のナース、消化器外科配属
このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

関連するキーワード

検索