エッセイ

ナースのちょっとイイ話

NICUでお世話になった、感謝の気持ちを込めて

2017/1/28

テーマ:「看護師を目指す」ことを意識した瞬間

母から話をきいて

hoikuki

10歳で初めて知った、自分の出生時の様子

10歳の時に、1/2成人式なるものが小学校であった。丁度、その発表が授業参観の日だった。
その式では、確か、自分の生い立ちと将来の夢、家族への感謝を語るような内容だった気がする。
私は発表に向けて、母子手帳を読んでいくなかや母から話を聞くなかで、低出生体重児だったことを知った。

感謝の気持ちから、看護師に

その頃、スーパーのレジ打ちになるのが将来の夢だった私だったけれど、何だか大学病院のスタッフに感謝したいなという気持ちになった。
でも、その感謝はもう叶わないから、どうかNICUの看護師になろうと思った。
それが初めて看護師を目指すことを意識した時だった。
今はまだ学生の身で看護師になれるかもわからないが、産科ナースになりたいと今も思っている。

●執筆●こま さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索