エッセイ

ナースのちょっとイイ話

元気な挨拶をしたことが、かえって…

2015/7/22

テーマ:看護師になって辛かったこと

気持ちよく挨拶を。

aisatsu

心掛けているけれど

笑顔を絶やさず優しい対応で。という事を心掛けていますが、時と場合、またはその人の気持ちによって、その反応は違うように感じました。

看護師と患者さんの違い

「おはようございます」どの様に皆さんはあいさつされているのでしょうか。
起床時間にかける初めのひと言目。どの口調、どの声の大きさでしょうか。
私達看護師は夜勤勤務でも忙しく仕事して、やっと迎えた起床時間。ナースコールに対応しながら声かけて行きます。

元気いっぱいの挨拶が

私はその時に元気いっぱいの満面な笑顔で「おはようございます」と悪気なく言ったのですが、それがある患者さんの気に障ったようです。
「あなたにあんな風に言われて気分わるい。」意味が分かりませんでした。 

時間がたって気づけたこと

時間がたって何度も夜勤をしたり、自分が起き抜けに声を掛けられることを考えたら、声のマナーを考えるべきだと感じました。

●執筆●さおり さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索