マンガ・イラスト

忘れられない患者さん

外が見たい|【マンガ】忘れられない患者さん

2019/3/10

実習中、末期ガンでほとんど動けない患者さんから「窓まで歩きたい、外が、見たい」とお願いをされました。身体的には動かさない方が良いに決まっている、でも患者さんの最期の望みかもしれない…ナース専科会員から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。

 

この続きは会員登録をすると
見ることができます。

会員登録(無料)
すでに会員の方は、続きは↓2ページ目↓で
1 2

3 件のコメント

  1. 患者様は願いが叶って嬉しかったと思います。
    誰かのために何かをすることが、思いやり 人として大切な事ですよね
    思いやりに正解・不正解はないと思います。
    指導者さんに相談をして、バイタルが安定し安全な方法で 外の景色を見て患者様が笑顔で満足になるプランを提供するのが、看護師としてのケアー… プロですもん。

  2. これこそ看護ですね
    本人の希望を叶えられるように調整して
    それが可能かどうかアセスメントする
    してはいけない事なんてないですよね
    素晴らしい看護体験だと思います
    忘れてはならないですね

  3. 看護師に言っても、ダメとは言われなかったと思います。
    叱られたのは「歩かせたから」ではなく
    「相談なく行ったから」ではないかな…

コメントを書き込む

・コメントは、運営部確認後に公開されます。

・メールアドレスが公開されることはありません。

忘れられない患者さんの新着

マンガ・イラストの新着

検索