エッセイ

ナースのちょっとイイ話

国試や実習で挫けそうになった時、思い出したのは…

2017/8/9

テーマ:国試の勉強と実習の両立

自分で選んだ道だから

miti

実習と国試対策の期間を決める

私は国試対策と実習は両立というより、期間を決めていました。
実習期間中は実習のことのみに専念し、長期休暇や実習の合間の二日間の休暇などに国家試験の勉強をしていました。

先生や親、受け持ち患者さんの応援を胸に

2つともを投げ出したくなって、両方をおろそかにしたこともあります。
けれど、先生や親はそんな自分でも頑張れ頑張れと応援し続けてくれるんです。そして、実習で受け持つ患者さんからは「国家試験合格して絶対に看護師さんになってね」などとても優しい言葉をかけてもらいました。
挫けそうになった時にはそんな言葉を思い出して勉強をしていました。

この道に進んだのは、自分の意思!

しかしそれ以上に、自分の中で「この道に進んだのは自分の意思。自分で選んだ道を応援してくれる人に恩を仇で返す訳にはいかない」と思っていました。
自分で選んだ道ですし、自分で決着をつけたかったんだと思います。
2つを両立するのは難しいですが、自分の中で期間を決めて、たまには息抜きもしっかりすることが有意義な実習、国家試験の合格に繋がると思います。

●執筆●らら さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

関連するキーワード

検索