エッセイ

ナースのちょっとイイ話

認知症の方が発した何気ない一言が、私を救ってくれた

2016/10/5

テーマ:患者さんやその家族の「忘れられない一言」

忘れられない

ninchi

急に手を握られて

認知症を持っておられる患者様で、不穏行動が常に見られる方でした。
当時とても忙しい病院で勤務しており、日々余裕なく焦って仕事をしていた時。
その方のトイレ介助をしていたら、急に手を握られました。
まじまじとアタシの手を見ては「アンタ結婚できるよ良かったね」と言われました。

あの一言が、私を救ってくれた

あんまり真面目に言うものだから可笑しくなって、久しぶりに心から笑い肩の力を抜くことができました。
感動的な話では無いですが、なんとなく、自分自身が「あの時救われたなぁ」という話です。

●執筆●すずめ さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索