エッセイ

ナースのちょっとイイ話

先輩へ「見せるためのノート」ではダメな理由

2015/6/3

テーマ:新人時代の思い出

ノート

note 2

同期と違う扱いをされた日々

みんなと同じようにできなくて、自分だけ違う扱いをされて悔しかったです。自分専属の担当指導ナースがついて、いろいろと教えてくれました。
ノートを作るように言われて、自分で勉強しましたが、その頃は、そのノート作りが苦痛でした。「見せるためのノート」になってしまってました。

「見せるためのノート」がダメな理由

ただ・・・今になって、ノートを作り勉強するという行為は、自分のために、自分でするものだったのかもと思います。
日々、受け持った患者さんについて、その頃、どんな事でもいいし、バカみたいな事でもいいから書いてみて、と言われたのですが・・・・・・見せるのが恥ずかして、どうしても見せるノートになってました。

先輩のアドバイスに驚き

そのノートに赤ペンでいろいろアドバイスしてくれていて、これを見ると、すごいなぁって思ってしまします。そのコメントがすごかった。この看護師はどうしてこんなものの見方ができるんだろうと・・・・。
自分でそれを考えてやってきたのだろうか????

今ノートを見て感じること

振り返り、今は、そういうふうに勉強すればいいのだと感じています。人に言われてするものはあまり身につかないけど、自分が疑問をもって調べると、すごく記憶に残ります。
主体性がなかったのだと思います。
今もあまり主体性はないです。でも、当時を振り返って、そういう気持ちを持ちたいと思います。

●執筆●ラン さん

このエッセイは 「ナースエッセイ」 にご応募いただいたものです。
あなたも「想い」を綴ってみませんか? ご参加は こちら から!

ナースのちょっとイイ話の新着

エッセイの新着

検索