1. トップ
  2. ナーススクエア
  3. 看護クイズ・読み物
  4. エッセイ
  5. 第12回 私のおばあちゃん

【連載】施設ナース・すみれのつれづれ日記

第12回 私のおばあちゃん

  • 公開日: 2014/1/8
  • 更新日: 2020/3/26

 

今回は、祖母の話とともに施設での看護のやりがいについて考えます。


私は入居者家族だった

私の祖母の終の棲家は定員9人の小さなグループホームだった。

産休開けのスタッフが生まれたばかりの赤ん坊と一緒に出勤していた。食堂にあるベビーベッドで赤ん坊が泣いていると入居者があやす、そんな家庭的な施設だった。

祖母は早くに夫を亡くし、戦後の混乱期に女手一つで子供たちを育てあげた。子供の私から見ても、父や母たちはそんな祖母をとても大切にしていた。だから、祖母が施設に入所するなんて、全く想定していなかった。

そんな祖母も、90歳が見えてきたころから認知症の症状が出て、自宅で暮らすことは難しくなってきた。

気持ちが救われた施設長のひとこと

グループホームに入所する時、入所の理由を誰も説明することができなかった。本人はちょっと泊まりに行くつもりで、その施設を訪れた。

その後帰れないことに気がついた祖母は「家に帰る」といって散々スタッフを困らせた。「このままじゃ退所になっちゃうかもしれないな」と心配した。

そんな私たちに施設長さんが「大丈夫ですよ。私たちに時間をください。ここが自分の居場所だって思ってもらえるようにお世話します」と後ろめたさをぬぐい切れずにいる私たちにそういってくれたのだ。

その言葉にウソはなく、「買い物に行きたい」という祖母を買い出しのワゴン車の助手席に乗せ、好きなものを買い物させてくれた。

祖母の昔話にも、耳を傾け根気よく聴いてくれた。「今までの人生は幸せだった」と思えるように寄り添ってくれたと思う。

エッセイの新着

「看護師の介護離職は共倒れのリスク!仕事と介護を両立するポイントは?

介護のために離職する「介護離職」が問題視されています。家族の介護の負担は想像以上に大きいものです。しかし実は、負担を軽減するためと思って介護離職をしても、実際には期待していたほどの効果はありません。むしろ、貯金を切り崩していく日々に不安を感じ、消耗していく看護師が多いのが現実です...

2020/5/27

【2020年保険料引上げ!】介護保険制度の基本と今後の見通し

2020年3月分(4月納付期限分)より、全国健康保険協会の介護保険料率の引上げが行われました。40歳以上になると介護保険への加入が義務付けられています。介護保険料は介護の現場を支える財源となります。看護師が介護保険の基本からしっかり理解できると、患者さんへ的確な説明・提案ができる...

2020/5/25

病院の福利厚生ってなに?どこを比べればいいの?

福利厚生は職場選びにおける重要な判断材料の一つです。福利厚生についてしっかりと理解することができれば、額面給与だけではわからなかった職場の良し悪しが見えてきますよ。また、医療機関ならではの福利厚生が準備されている場合もあります。今回は福利厚生について説明しますので、ぜひ参考にして...

2020/5/21

【コロナ・ショック】不況時に看護師がお金を守るためには?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中の経済が大混乱しています。経済が完全に復活するまでにどのくらい時間がかかるのか、資産にも影響が出て不安を感じている人も多いかもしれません。 しかし、看護師は不況に強い職業です。不況時でも落ち着いて行動すれば資産を守ることができます。今回...

2020/5/18

終活?人生会議?どのように人生の最期の準備をすべきか解説

より良い人生の最期を迎えるためには事前の準備が欠かせません。命の危機が迫った状態になると約7割の方が、これからの医療や介護の方針について意志表示できなくなるといわれています。また、死を迎えるまでの生活を考える上でお金は切っても切り離せない存在です。 超高齢化社会に突...

2020/5/13