「くもやあきこ」の記事一覧

アイコン画像
くもやあきこ
@akikokumoya
イラストレーター兼漫画家。愉快な6歳と4歳の姉弟、愛猫との日々、大好きな特撮について、SNSとブログに綴ってます。見てくれた方の心に響く漫画を描きたいです!

15件/49件

サムネイル画像

マンガ

金髪とタトゥーシール|【マンガ】忘れられない患者さん

私は小児科で働いていますが、小児科といえど入院患者さんの年齢は実は幅広く、診察をしながら成人を迎える患者さんもいます…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。 ...

サムネイル画像

マンガ

リハビリの末のヴァージンロード《後編》|【マンガ】忘れられない患者さん

余命3ヶ月ほぼ寝たきりの患者さん。患者さんの強い意思で、孫の結婚式に参列するためのリハビリをすることに。しかし車椅子までが限界のことも多く…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。 ...

サムネイル画像

マンガ

気分は、最高!|【マンガ】忘れられない患者さん

神経難病の患者さんの担当になったときの話です。呼吸器をつけているため、主に筆談で意思疎通をしていました。昼間はとても穏やかな方なのですが、夜勤からの申し送りでは…看護師から募集した、忘れられないエピソ...

サムネイル画像

マンガ

看護の力|【マンガ】忘れられない患者さん

看護師1年目、やっと夜勤で独り立ちができるようになった頃、病棟にはいつも大声で叫んでいらっしゃる大変な患者さんがいらっしゃいました。ついには周りの患者さんから苦情も来るようになってしまい…看護師から募...

サムネイル画像

マンガ

突然の死|【マンガ】忘れられない患者さん

新人の頃、病棟に山森さんと北さんという患者さんがいらっしゃいました。同世代のお二人は、認知症を患っていましたが、いつも仲良しでよく一緒に居る姿をお見かけしていました…看護師から募集した、忘れられないエ...

サムネイル画像

マンガ

心に刻まれた手浴|【マンガ】忘れられない患者さん

希望に満ちて入職した大病院。しかし思い描いていた日々とは違い、結局体調不良になり入職5か月で退職してしまったのですが…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。 ...

サムネイル画像

マンガ

病気の代償|【マンガ】忘れられない患者さん

ICUに勤務していたとき、まきさんという幼稚園教諭の方が入室してきました。自己免疫疾患でした。旦那さんは毎日面会に来ていて、とても仲が良い様子。ちょうど結婚したばかりだった私は、そんなお話もまきさんと...

サムネイル画像

マンガ

畳の魔法…?|【マンガ】忘れられない患者さん

ある日入院してこられた柏木さん。施設に入居するまでの間、ご家族が見きれないということで入院することになったのですが、とにかく病室から這って出てこられて…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届...

サムネイル画像

マンガ

生きてさえいれば|【マンガ】忘れられない患者さん

手術室で働いていた新人の頃、私はパティシエの患者さんの機械出しを担当することになりました。舌がんでした…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。 ...

サムネイル画像

マンガ

最近どーなん?|【マンガ】忘れられない患者さん

転勤で病院と部署が変わって2ヵ月、ICUは初めてで慣れない仕事に疲弊していた時の話です。ある日小児科にヘルプに行くことになり…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。 ...

サムネイル画像

マンガ

笑顔が消えた患者さん、でも…|【マンガ】忘れられない患者さん

笑顔が可愛らしいご高齢の患者さん。圧迫骨折で入院していたのですが、骨折の治療中に筋肉も減っていってしまい、動きに制限が出るようになっていってしまいました。そうして入院が長引くにつれ、少しづつ笑顔がなく...

サムネイル画像

マンガ

できることを信じて…最後の家族旅行|【マンガ】忘れられない患者さん

訪問看護で出会った、笑顔が素敵なご利用者さん。ある日お伺いすると、にこにこと笑顔で1枚の写真を見ていました。それは昔、家族みんなで海に行った時の写真で…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届...

サムネイル画像

マンガ

4歳の男の子が教えてくれたのは「好き!」のチカラ|【マンガ】忘れられない患者さん

小児科で働いていた頃に出会った4歳の患者さんの話です。ある日を境に、その子は毎朝私に会うと「好き!」と笑顔で言ってくれるようになり…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。 ...

サムネイル画像

マンガ

最後にどうしても会いたい…愛犬との再会|【マンガ】忘れられない患者さん

肝不全により全身状態が悪化してしまった患者さん。彼には「愛ちゃん」という名前の愛犬がいました。奥様によると、愛ちゃんは今も毎日、患者さんの帰りを家で待っているそう。患者さんも、うわごとのように愛ちゃん...

サムネイル画像

マンガ

小児科に入院中…夜の冒険|【マンガ】忘れられない患者さん

4歳のころ、小児科に入院していた私は、夜になると寂しくて悲しくて、いつも涙がこらえられませんでした。それを見た看護師さんが…看護師から募集した、忘れられないエピソードをお届けします。...