キャリア
  • 公開日: 2022/6/23

看護師キャリアと人生設計。指標となるクリニカルラダーとキャリアラダー

看護師として働くことと、これからの生活や人生とを切り離して考えることはできません。結婚しても看護師を続けるのか、出産や育児の際には仕事はどうするのか、看護師としてどうキャリアを積んでいきたいか、将来的にお金はどのくらい必要なのかなどについて、看護師におけるキャリアラダーとライフプランについて紹介していきます。

早くから検討したい看護師としてのキャリアプランと人生設計

看護師である前にひとりの自分として、キャリアと人生設計は切っても切り離せない関係です。看護師としてどんなキャリアを歩んでいきたいか、仕事だけではなく、ライフステージごとにどう生きていきたいのかを含めて漠然としていたものを、少しずつ具体的に考えていく必要があります。本記事では、皆さんがキャリア・ライフプランニングを考えるうえでの基本的な考え方や実際に使えるツールと、その指標となるクリニカルラダーやキャリアラダーについてご紹介します。

看護師のキャリアプランニングで覚えておきたい2つの指標

看護師としてキャリアと人生設計を検討するうえで、看護師のキャリアイメージが湧きにくいかもしれません。そこでひとつ指標にしたいのが、クリニカルラダーとキャリアラダーです。

クリニカルラダーとキャリアラダーの違い

クリニカルラダーとキャリアラダーは似たような名前ですが、ひとつ違う部分があります。看護師のクリニカルラダーは日本看護協会が開発に取り組み、看護実践の到達度をレベル分けしたものです。一方、キャリアラダーはキャリアアップ、管理的な能力などの段階も含むものです。日本看護協会が開発したものをベースに、病院や施設によって調整して活用しているところが多いです。それぞれの特徴、内容を細かくみていきましょう。

クリニカルラダーとは?

クリニカルラダーとは看護実践に特化した看護師の能力開発・評価のシステムのひとつです。看護実践能力を段階的に表し、各段階において期待される能力を示し、到達度によって看護師の能力が記されるシステムです。

参考:日本看護協会

これまでは、施設ごとにラダーが作成されており、内容やレベルの基準が異なり、ラダーを導入していない施設もありました。しかし、病院だけでなく、施設や訪問看護ステーションなどでも活用可能な標準化されたクリニカルラダーを用いることで、全国レベルで看護実践能力を客観的に評価することが可能となり、体系化された教育・育成につながります。自分の目指す能力段階を確認しながら、自己研鑽を進めることができます。

キャリアラダーとは?

キャリアラダーとは、看護師の管理的な能力段階や専門看護師や認定看護師などの専門領域の段階も含むものです。また、例として何年目くらいでどのラダーレベルが当てはまるのか、目安となる経験年数を含めてご紹介します。

レベル レベル毎の定義 経験年数の目安
レベルⅠ 基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する 看護師2年目
レベルⅡ 標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する 看護師3~5年目
レベルⅢ ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する 看護師6年目~
レベルⅣ 幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する 管理、専門領域
(例:主任以上、認定看護師以上)
レベルⅤ より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する 管理、専門領域
(例:師長以上、専門看護師以上)

給料と連動することもあるクリニカルラダーとキャリアラダー

こうしたクリニカルラダーやキャリアラダーの目安があることで、看護師としてのキャリアがイメージしやすくなるのではないでしょうか。これまでは勤続年数で評価されることが一般的でしたが、施設によっては、このクリニカルラダーやキャリアラダーを人事考課、給料に反映しているところもあります。仕事としてのキャリアプランニングだけでなく、ライフプランを含めた人生設計を考えるうえでも参考になりますので、自施設の給与制度などもあらためて確認していきましょう。

看護師のキャリアプランニングで大切なこと

看護師の仕事はシフト勤務や夜勤、体力が必要なことなどを含めて会社員に比べて特殊かもしれません。そのため、20代の頃の働き方が40代50代を超えてもそのまま続けられるかどうかは人それぞれです。もちろん結婚や出産、子育てなども含むと、体力仕事や夜勤なども厳しくなるかもしれません。そのことも踏まえたキャリアプランニングを考えていくことが大切です。

ライフイベントにどう備えるべきか

キャリアプランニングの次は人生設計についてです。人生設計を立てると、この先のライフイベントに対して、必要になるお金を把握しやすくなり、そのための準備をすることができます。早めに準備することができれば、いまからお金の使い方を見直し、貯蓄する期間の余裕も生まれます。

人生設計をする上でやるべきこと

人生設計は早い段階から始めたほうがメリットは多いでしょう。人生設計は多様化してきています。ライフイベントには多くの選択肢があるので、自分の価値観に応じて考えていきましょう。例えば、家族構成も結婚する・しない、こどもがいる・いない、片働き・共働き、仕事では常勤・非常勤、副業や転職、定年後も働く、住まいに関しては持ち家・賃貸、リフォーム・住み替え、都市・郊外に移住などです。大まかにでもいいので、結婚や出産など自分が思い描く将来、この先に考える目標などがあったら、自分で書き出してみましょう。まずは先10年でどんなライフイベントがありそうか考えていきます。

・ライフイベントの洗い出し

家族構成やイベント、実現したい夢(旅行や家の購入など)、いつまで働きたい(働ける)か、子どもの独立するタイミングや親の介護リスクが高まる時期などを時系列にあげていきます。まず、望むことを最初に考えることがポイントです。現状の把握から行うと、「現状では無理だから」と考えてしまい、視野が狭まってしまうからです。ここでは世の中の平均や、どういう意見があるからと比較するのではなく、自分は何を大切にしたいのか、自分の価値観を含めて整理していきます。

・人生設計のシミュレーション

やりたいことややるべきことを大まかに書き出し、整理することができたら実際に将来の収支をシミュレーションします。住宅費用や生活費など出ていくお金と、給与や年金などの入ってくるお金をより具体的に書き出すことで、実際どのくらいのお金が必要なのか、いつまでにどのくらい貯金があればいいのかなどがある程度可視化することができます。夢や希望に数字を加えていくことで、計画となります。自分ひとりで計算するとかなり大変なものになるので、さまざまな人生設計シミュレーションのツールを活用することをお勧めします。

  1. ライフプラン診断
  2. 全国銀行協会 ライフプランシミュレーション
  3. 金融庁 ライフプランシミュレーション

人生設計とお金

ライフイベントの洗い出し、ライフプランのシミュレーションで、必要なお金が見えてきたところで、現在の生活の見直しをします。毎月の収入と支出(住居費、食費、水道光熱費、スマホやインターネット代、日用雑貨費、趣味・交際費、貯蓄など)を書き出します。特に看護師の場合には、夜勤手当などがあると年収が高めであるかもしれませんが、将来的に夜勤ができなくなることも考えて、夜勤手当に頼らないような計画も大切です。こちらのツールを使って家計をチェックすることもできます。

  1. 日本FP協会 便利ツールで家計をチェック

住宅費や生活費の見直し、貯蓄方法の見直しなどから少しずつできることから進めてみましょう。ひとりでは気づけない点も多いので、友人や家族に相談しながら、ときにはライフプランナーなどのプロの視点でアドバイスをもらうことも選択肢のひとつです。また、病気やケガなど、もしものときにどのくらいの費用が必要になるのかも、把握しておけるといいでしょう。

そして、夢や希望を実現させるために、具体的に時間と数値を決めて計画を立てましょう。 「○○を購入するために、5年後までに○○万円貯金する」「月に〇万円、定期預金にまわす」 「○○の資格を取るために、転職をして〇年実務経験を積む」「3年後に○○試験を受ける」 など明確な目標をアウトプットすることで自身が今やるべきことが見えてくるはずです。

キャリアと人生設計を明確にして自立した看護師を目指す

看護師としてのキャリアとこれからの人生、人生設計について自分の考えや目標を書き出して整理する準備ができたでしょうか。本記事で紹介したクリニカルラダーやキャリアラダー、ライフプランニングのシミュレーションツールなどを参考に、自分にあったライフプランニングをぜひ作ってみてください。

【参考】

  1. 「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」 活用のための手引き(日本看護協会)p.1~3
  2. 看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)
  3. 2019年度クリニカルラダー到達目標
  4. JCHOのキャリア開発(独立行政法人地域医療機能推進機構)
  5. 教育研修制度 クリニカルラダー(岐阜大学医学部附属病院看護部採用サイト)
  6. 自分で描く未来予想図(全極銀行協会)
  7. ライフプランはあなたの人生の設計図p.3~8
  8. 病院の給与制度(育成・評価)事例

関連記事