編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

自ら命を絶ってしまった患者さん。精神科ナースができる事って?

2018/10/26

「ラウンジ☆セレクト」は「ラウンジ」で盛り上がった話題と、そこに寄せられたみなさんのご意見を 紹介しています。

患者がトイレで首つって自殺しました。

経験したのは2回目で1回目のときに、もっと関わりを持てば良かったと悔いたのに、それを実行できなかった。
自分が情けない。精神科の患者に怒られ、妄想をもたれ、薬は効かない。先生も、どうしようもない。家族は非協力的。この人たちの生きる意味ってなに?
「世の中のお荷物。税金泥棒が1人死んだと思えば良い」先輩看護師の一言に、吐き気がして明日から仕事に行くのがしんどい。

精神科の看護師さんは、何を思って患者をどうしたくて関わりを持ってますか?モチベーションのあげかた教えて下さい。

精神科では入院中の患者さんが自らの命を断ち、亡くなることがあります。
現場で働く看護師にとっても、そのショックは大きく、心を病んでしまう人も少なくはありません。

患者さんが自殺により亡くなった場合、精神科ナースはどのように向き合い、乗り越えているのでしょうか。みなさんの声をお聞きしました。

 

この続きは会員登録をすると
見ることができます。

会員登録(無料)
すでに会員の方は、続きは↓2ページ目↓で
1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

関連するキーワード

検索