編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

褥瘡の処置、本当にこれで良いの…?

2018/2/19

仙骨部にポケットあり、かなり深い黒色の褥瘡形成の方がいます。
施設で、デブリもすることなくゲーベン処置のみで浸出液多量で悪臭も強い感染創です。発熱も続き、病院受診も困難な状態です。
看護師が、できる処置はどのような方法が適切なのでしょうか?
ゲーベン塗布し、ガーゼに穴開きのポリ袋を被せたもので覆い、テープ固定してます。普通のガーゼのみで固定した方がよいのか、感染創ですが、滅菌ガーゼを使用するべきなのでしょうか?

◇「ラウンジ☆セレクト」は「ラウンジ」で盛り上がった話題と、そこに寄せられたみなさんのご意見を紹介しています。

褥瘡の処置、本当にこれで良いの…?

■ゲーベン処置は有効?

滲出液の色、量、にもよりますが、切除して出してあげたいですね。ゲーベンで改善はなかなかみられないことが多かったです。

ゲーベンは水銀を含んでいる為、現在は使用していない医療機関が多いのでは?

ゲーベンつかっていると黒い部分が融解して、壊死したところが崩れてくると思います。そしたら、デブリして、ゲーベンで不良肉芽をとる。という考えなのかなと思いました。

[次ページ]浸出液が多い場合は、どうする?

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

検索