編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

コレ、本当に正しい?疑問を感じる看護技術

2018/1/26

看護師二年目です。
仕事に慣れ始め、患者さんの看護を行っていて看護技術などに疑問を感じることが多々あります…定期的にサーフロー針を変えなければならないとか。
みなさんは疑問に感じる看護技術などありますか?

◇「ラウンジ☆セレクト」は「ラウンジ」で盛り上がった話題と、そこに寄せられたみなさんのご意見を紹介しています。

コレ、本当に正しい?

■10~20年前、こんなことをやっていた!

包交車があって、消毒壺があって、摂子立てがあって、ガーゼカストがあって、オペの前は剃毛して、褥創の処置で 日光消毒とか…

私が実習していた病院では、回診車にドライヤーがある病棟もありました。褥瘡を乾燥させるためのものです。当時でも看護師さんが「乾燥させちゃだめってことになってきてるんだけど、婦長さんがドライヤー好きなの…。」とこっそり教えてくれました。

20数年前、整形外科の個人病院でアルバイトをしました。朝一番にすることは20本の関注の準備でした。(注射器に詰めておく)準備したものは冷蔵庫に保管し、使わなかったものは夜診もしくは次の日に回していました。

昔、褥瘡を日干ししていました。天気がいい日、褥瘡の部分を残して患者さんをかけもので覆い、ストレッチャーで窓際に連れていき日光浴させていました。向こう側の窓から丸見えで、考えてみればすごい光景だったかも…

[次ページ]他にもある!こんな手技

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

検索