コラム

知っておきたいお金の話

夜勤明けが一番危険?!貯蓄のコツをまとめてみました

2019/6/26

突然ですが、みなさん貯金は毎月どのくらいしていますか?

気がつくとなくなってしまうお金たち…夜勤明けがいちばん危険、なんていう声をよく聞きます。

私は車を買いました‥私の周りの人も「夜勤明けは魔物だ」と言ってます。夜勤明けあるあるですね。

夜勤明け。もっとも高額な衝動買いは、なんと…|ナーススクエア

[PR]手取りを増やしてもっと貯金できる職場に・・・というあなたへ。ご相談にお乗りします。
https://www.nursejinzaibank.com/

 

1年間で目指す貯金額とは?

そもそも、貯金ってどのくらいするべきなのでしょう。

貯金に回す金額として推奨されている割合は手取り金額の20%となります。

手取り20万円の私が1年間で貯めるべき貯金額とは?|sodan

20%で計算すると
・手取りが20万円の方は、月4万円、年間48万円
・手取りが25万円の方は、月5万円、年間60万円
・手取りが30万円の方は、月6万円、年間72万円
ということになります。

 

どうやってお金を貯めるのか、それが問題だ

毎月4~6万も貯金に回せるのか、不安に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ポイントになるのが、ボーナスの活用です!

40歳から目指す貯金1,000万円!お金を貯められる人の特徴とは?|sodan

例えば年間60万円が目標額だとして、夏と冬のボーナスで15万円ずつ貯蓄できれば、月額の貯蓄額は2.5万円で済みます。
月単位ではなく、年間で目標額を達成することを考えれば、気持ちも軽くなりますよね。

一方で、毎月確実に貯蓄をしていくことも大切です。
ボーナスだけで年間貯蓄目標額をクリアしようとすると、ボーナスはほとんど使えないということにもなりかねません。

上手に貯金へ回すコツは、先に貯金金額分を分けてしまうことです。

手取り20万円の私が1年間で貯めるべき貯金額とは?|sodan

「毎月の生活費から残った分を貯蓄しよう!」なんて言っていたら、なかなか貯蓄はできません。

40歳から目指す貯金1,000万円!お金を貯められる人の特徴とは?|sodan

王道ですが、やはり「先に引く」に限ります。
同じ銀行内で「目的別口座」を複数開設できる場合は、貯蓄用の口座を開設して、毎月振替していくのもいいかも知れません。

ナース専科会員の方はといえば、こんな工夫をされていました。

先取り貯金です。毎月同じ日に、一定金額が自動的に定期預金口座へ振り込みできるように登録しています。あとは、手元に残ったお金でやりくりしています。

今年こそ貯金を!ナースが実践する節約法|ナーススクエア

銀行によっては、毎月自動で引けるように設定もできます。
これだと忘れなくていいですし、「今月はいっか!?」みたいな甘い気持ちで貯金が中断されることもなく、安心ですよね。

社内貯金じゃないでしょうか。給与天引きで引かれますが、利率がいいです。私の場合は年に100万ぐらい勝手に貯まって、且つ利息で2万ぐらい増えてます。

今年こそ貯金を!ナースが実践する節約法|ナーススクエア

社内貯金という手もあります。
給料天引き方式であれば、「はじめからなかったもの」として生活できるのに、確実に貯蓄されて一石二鳥!お得な気持ちになれる気がします。

 

急な出費という罠をどう切り抜けるか問題

とはいえ、急な出費は発生する。それは事実です。
友達の結婚式や大きなケガ・病気、夏休みの旅行や車の故障、、、1年を通して何のイベントもなく、平穏に貯金を崩すことなく過ごすのはなかなか難しいものです。

そこでオススメなのがこの方式。

半分ずつ「一時的な貯金」と「中長期的な貯金」に分けて貯金していくこと

手取り20万円の私が1年間で貯めるべき貯金額とは?|sodan

「一時的な貯金」とは、先述のイベントへの備えとして、すぐに引き出せる口座へ貯金・貯蓄することです。「中長期的な貯金」とは、当分は使わない貯金・貯蓄として、簡単には引き出せない種類の口座(5年後、10年後など引き出す時期が決まっているなど)に貯金・貯蓄していくことです。

手取り20万円の私が1年間で貯めるべき貯金額とは?|sodan

口座を分けず、自分の頭の中だけで「○円までは一時的な貯金、○○円は中長期的な貯金」としていると、結果的に「一時的な貯金はもうなくなってしまったけれど、まだ中長期的分があるからこっちを切り崩してしまおう……」となってしまいがちです。

手取り20万円の私が1年間で貯めるべき貯金額とは?|sodan

口座を分けて貯金をしておけば、急な出費にも対応できて、きちんと貯蓄もできて、これなら確実に、毎年貯蓄を増やしていくことができそうです。

 

ところで、何で貯蓄が必要なんでしたっけ?

1番大事なのは、実は(当たり前なのですが)ここです。
貯金の金額として、一般的に推奨されている割合は「手取り金額の20%」ですが、それはあくまでも“一般的”な数字。
人によって、やりたいことも、思い描いている生活も違うのですから、あるべき貯蓄額も人によって違うのです。

とはいえ、「いつまでにどのくらいお金が必要なのか?」「お金はどのくらいあれば実際大丈夫なのか?」を具体的に考えるのって、大きな話すぎて、どこから考えればいいのか、何を調べればいいのか、迷子になりそうですよね。

sodan_footer

Sodanは、セゾンカードの(株)クレディセゾンと、ブロードマインド(株)が共同運営している、「くらしとお金」に関するお悩みや疑問を、WEBで相談できるサービスです。お金の専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に、インターネット上で相談可能なTalk Roomをご用意しています。もちろん、窓口やご自宅で、ファイナンシャルプランナーと対面相談(会って相談)することも可能です。
※対面相談(直接会って相談)に対応できないエリアも一部ございます。ご了承ください。

sodan_footer_btn1 sodan_footer_btn2
[PR]手取りを増やしてもっと貯金できる職場に・・・というあなたへ。ご相談にお乗りします。
https://www.nursejinzaibank.com/
記事作成協力 Sodan(ソダン)
※外部サイトからの提供記事に掲載されている情報が正確であるかどうか、有用なものであるかどうか、確実なものであるかどうか、最新のものであるかどうか等につきましては、一切保証するものではありません。また、これらの情報を利用すること、または利用できなかったことに起因するいかなる損害・不利益に対し、当方はなんら責任を負うものではありません。

知っておきたいお金の話の新着

コラムの新着

関連するキーワード

検索