編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

結局、生き残れるのは「要領の良い人」なのか

2017/4/26

結局は、患者や上司の前で要領よくできるひとが生き残っていくんですよね?

器用な人がいれば、不器用な人もいます。誰もが要領がいいわけではないけれど、世の中を見ていると要領のいい人の方が得なことが多い気が…?
ナースには、要領の良い人・悪い人のどちらが多い?そして、要領の良いタイプをどのように感じているのでしょうか。寄せられたコメントをまとめました。

◇「ラウンジ☆セレクト」は「ラウンジ」で盛り上がった話題と、そこに寄せられたみなさんのご意見を紹介しています。

要領の良い人・悪い人

■”良い意味”での要領の良い人とは…?

『その場の状況に応じた対応ができる』ってことじゃない?『要領のよさ』や『現場での臨機応変』も能力のうちだと思うけど…。

よく言えば世渡り上手、悪く言えば八方美人ですね。医療チームの一員として、看護師はマネージメント力が必要ですから、他職種スタッフも利用して、ある程度は要領よく仕事を回すことも大切ですよね。

要領が良いのは、的を得ているから。一見して、要領良くやっている人ほど、しっかり働いて結果を出しますそ、向学心や向上心が高く有能なスタッフが多いですよ。要所要所を抑えてメリハリつけて働く立ち回りの良さは必要かと。

経営者だって要領が良くて先回りして仕事を考える人材が良いよ!頑張っていても鈍感な人は、お金を稼ぐ場には向かないかも…

要領がいい人は、コミュニケーション能力が優れているんだと思います。私は要領が悪く、何でも直球勝負して失敗しちゃいます。

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

検索