コラム

知っておきたいお金の話

正社員から派遣社員になったら、年収はどれくらい変わる?

2019/5/29

残業が多く、時には休日出勤することも・・・そんな忙しい毎日を送ってきた私だけど、もうすぐ長年付き合った彼氏と結婚することに。このまま働き続けたいと思いながらも、今の仕事では、仕事と家庭の両立が難しそう。今の会社を辞めて、残業が少なそうな派遣社員として働こうかと思うんだけど、給料はどれくらい変わるのかな?その他、今までと変わる点って何かあるのかな?

今回は、そんな疑問をお持ちの方に。

[PR]働きやすい職場に移りたい・・・でもどこに転職すればいいの?というあなたへ。ご相談にお乗りします
https://www.nursejinzaibank.com/

 

派遣社員のメリット・デメリット

20170210_l

「結婚したら仕事量をセーブしたい。」

そんな風に考えている方もいらっしゃるかと思います。
実際に、転職して派遣社員になった場合、正社員時代と比較して得るものと失う物とがそれぞれあります。そこで、まずは派遣社員への転職に伴うメリットとデメリットについて考えていきましょう。

メリットは、仕事の働き方を自由に選べる点にあります。
正社員の場合は、週5でフルタイムが大前提としてありますし、忙しい職場では、残業や休日出勤も珍しくありませんよね。一方、派遣社員の場合は、収入の考え方が「時給」ベースとなるため、残業などは比較的少なくて済みます。また、正社員の場合は直接上司に言いづらいことも、派遣社員の場合であればスムーズに言えたりします。なぜなら、派遣会社が間に入りますので、「入社前に聞いていた話と違う!」なんて場合も、派遣会社に調整してもらうことができるからです。

逆に、派遣社員になることのデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?
やはり一番大きな点は、収入面と雇用の不安定さです。収入面で考えると、通常、賞与などは派遣社員にはありません。また、交通費が支給されないなど、福利厚生も正社員よりも劣ることが一般的です。特に、夏季休暇などの長期休暇は要注意です。時給という考え方になるので、休みが多い月はその分給与が減ってしまうことになります。

「有給を使えば問題ないのでは・・・?」と考えがちですが、基本的に勤務開始後、半年間は有給がありません。そのため、長期休暇はもちろん、体調不良で休むと給与に響くということにもなりかねません。また、雇用の不安定さも抑えておくべきポイントになります。基本的に、派遣期間は3年となっています。そのため、正社員登用がない限り、3年で再度職探しをすることになります。すぐに仕事が見つかれば良いですが、なかなか条件にあう仕事が見つからない・・・なんてことも考えられますよね。

 

派遣社員になったら、年収はどれくらい?

それでは、実際に派遣社員となった場合、年収はどれくらいになるのでしょうか?

1 2

知っておきたいお金の話の新着

コラムの新着

関連するキーワード

検索