コラム

知っておきたいお金の話

支払った賃料は計200万円!マイホームの頭金にできたような…

2017/1/14

20161222_l


結婚と同時に賃貸住宅を借りて、住みだして1年半。気づいたら家賃をすでに200万円も払っているのね!200万円もあれば、マイホームの頭金にできたような……家賃は掛け捨てだし、なんかすごい損した気分だな。

■今まで支払った家賃は無駄だったの?

20161222_1


今まで賃貸住宅に支払った家賃を、住宅ローンの返済に充てたほうが良かったのでは……そんなことを考えた経験はありませんか?特に、家賃の高い都市部では、「月収の30%以上が家賃」ということも珍しくありません。家賃は自分の手元に残らない出費だと考えると、馬鹿にならない金額ですよね。では、これまでの家賃は果たして無駄だったのでしょうか?

「戻ってこないお金」という意味では、そういう面もあるかもしれません。
しかし、必ずしも今まで支払った家賃が無駄だったとは言えません。というのは、仮に家賃を支払わないとなると、結婚と同時に住宅を購入するか、夫婦どちらかの実家に同居する必要があるからです。結婚式や新婚旅行など、結婚後しばらくはイベントも多いですよね。そのため、時間的にも金銭的にも、それほど余裕がないはずです。
そんな中、結婚と同時に住宅を購入するというのは、あまり一般的ではありません。では、どちらかの実家に同居するというのはどうでしょうか?新婚時代は、夫婦2人だけで暮らしたいと考える方が多いかと思います。それでもなお、新婚早々に同居を検討するとしても、ご両親の居住地と自分たちの勤務先との距離も考えなければいけません。地方在住の方の場合は、実家に同居というのも現実的な選択肢ですが、夫婦ともに地方出身で都市部で働いているご夫婦の場合は、同居は難しいでしょう。このように、一見今まで支払った家賃が勿体なかった……と感じたとしても、「必要経費」であったと考えるべきなのです。

また、住宅購入は人生で何度も経験するものではありません。そのため、今まで買っていなかったからこそ、これから住宅購入をしっかり検討できるという面もあります。しばらく賃貸で一緒に暮らすことで、必要な間取りや必要な住宅設備が見えてくるとも言えますよね。

1 2

知っておきたいお金の話の新着

コラムの新着

関連するキーワード

検索