コラム

知っておきたいお金の話

看護師って激務だな・・・定年まで働けるか心配

2019/6/5

看護師歴15年の私。何年経っても思うのは、やっぱり看護師の仕事って激務だなってこと。夜勤も多いし、救急搬送の患者さんで日々残業・・・人を助けるこの仕事自体には誇りを持っているから、定年まで働きたいけど、体力的にこの先働き続けられるかどうか心配。この不安、どうやって解消したら良いのかな?

[PR]働きやすい職場に移りたい・・・でもどこに転職すればいいの?というあなたへ。ご相談にお乗りします
https://www.nursejinzaibank.com/

 

激務で倒れて働けなくなった場合の備え、どうしたら良い?

20161224_l1

夜勤続きのうえ、体力的にもハードな仕事に日々追われて、こんな働き方を続けたらいつか体を壊してしまうのでは・・・そんな風に思いながらも、働き方を変えることができない方はいらっしゃいませんか?

もしも働けなくなったら・・・
収入は途絶えてしまうけれど、毎月の家賃をはじめとする日々の生活費は払っていく必要があります。貯蓄を取り崩す生活になるかと思うと、心配ですよね。

そんな時に頼りになるのが、保険です。

保険というと、死亡した際や入院時の保障をイメージする方が多いかと思いますが、実は働けない時に備える保険というのも存在します。その名も、「所得補償保険」です。基本的には、加入者が働けない状態になった場合に、一定期間・決められた金額が毎月支払われます。つまり、収入が途絶えた状態でも、給料代わりに保険から毎月一定額が支払われるということですね。

この所得補償保険は、本来損害保険会社の商品でしたが、現在では生命保険会社でも取り扱いが少しずつ増えています。ただし、商品によっては、精神疾患は補償対象外となるなどの例外規定もありますので、各社の条件を比較検討してみることをおすすめします。

すでに医療保険に加入しているから必要ない!という方もいるかと思いますが、医療保険だけでは不十分かもしれませんよ。基本的に、医療保険というのは、入院や手術を受けた際の保障となります。あくまでも、カバーされるのは治療費というイメージですね。つまり、自宅療養になった場合には、保障されませんので注意が必要なのです。

また、脳疾患・心疾患・ガンなどの特定の大病が心配な方もいるかと思います。こういった場合は、特定の大病に対して、特に手厚く給付される保険を検討してみてはいかがでしょうか?まずは、ご自身の心配ごとが何なのか?を考えると、選ぶ保険商品も変わってきます。

 

この先お金で不安にならないためには、どうしたら良いの?

20161224_l2

収入が途絶えた時のことを考えると、漠然と不安になりますよね。不安を感じないためには、やはりある程度の蓄えを持っていることが重要です。みなさんは、きちんと貯蓄ができていますか?もし、思ったほど貯蓄できていないという方は、今日から以下の取り組みを行ってみてくださいね。

自動的に貯蓄ができる仕組みを作る

まずは、自動的に貯蓄が出来る仕組み作りから始めましょう。

具体的には、積立を行いましょう。勤務先に財形制度がある方は財形を利用しても良いでしょうし、銀行の自動積立でも良いかと思います。いずれにせよ、毎月一定額を自動で貯めていく仕組みを採用することが大事です。

なかには、投資商品に興味がある方もいるかと思いますが、お金を増やすことよりも貯蓄が出来る仕組みを作ることが重要なので、まずは預金で構いません。そして、半年~1年分の生活費を貯めることを意識してください。この資金が、みなさんの緊急予備資金となるわけです。

金融商品でさらにお金を増やす

半年~1年分の生活費が準備できたら、普通預金以外にも目を向けてみましょう。

1 2

知っておきたいお金の話の新着

コラムの新着

関連するキーワード

検索