コラム

知っておきたいお金の話

貯金が「できる人」と「できない人」の違いはたった1つ!

2019/10/9

column01_l_20150526

お金の悩みは千差万別。貯金額も皆さんそれぞれ異なります。「貯金ができている人」「貯金ができていない人」、一体何が違うのでしょうか…

実は、その違いはたった1つ!それは、お金を貯める<計算式>にあります。

 

お金を貯める<計算式>

お金を貯める<計算式>はたったこれだけ!

【お金を貯められない人】
収入-支出=貯金
→余った分を貯める

【お金を貯められる人】
収入-貯金=支出
→貯金を別の口座に移して残りは好きに使う

 

お金を貯められない人の特徴

支出を減らそうと節約を意識して、スーパーで値引きの商品を買う、余計なお菓子は買わない!と一生懸命我慢して節約しているつもりでも、いつの間にか残高がギリギリになって、また今月も貯金ができなかった…となる。

 

お金を貯められる人の特徴

初に貯金額を別の口座などに移し、残った分はすべて使ってもいいお金と考えてやりくりする。支出額が超えてしまった場合には、支出のどこの部分を減らせるか?と考える。

 

貯金の目安って?

よくあるご質問に、「毎月いくら貯めればいいですか?」という質問があります。住居費の有無などで一概にはいえませんが、一般的には収入の20%が目安といわれています。貯金の目標は家庭によってさまざまですが、

  1. 何のために
  2. いつまでに
  3. いくら貯める

というゴールを決めれば、逆算して毎月の貯金額を定められ、明確なゴールがあることにより楽しく貯金ができます。あなたもまず毎月の貯金額を決めて、「お金が貯められる人」になりませんか?

 

執筆

お金の専門家:水野 綾香

30代・独身ライフを謳歌中!でも、やっぱり気になる今後の自分やお金について。リアルな目線でお役立ち情報を発信いたします!くらしとお金のメディア『Sodan(ソダン)』にて、役立つ多数のマネーコラムを発信中!
その他の記事はこちら

記事提供 Sodan(ソダン)
※外部サイトからの提供記事に掲載されている情報が正確であるかどうか、有用なものであるかどうか、確実なものであるかどうか、最新のものであるかどうか等につきましては、一切保証するものではありません。また、これらの情報を利用すること、または利用できなかったことに起因するいかなる損害・不利益に対し、当方はなんら責任を負うものではありません。

関連記事も読んでみたい

※外部サイト『Sodan(ソダン)』にリンクします

  1. 早期退職に応募しようかな…気になるのはやはりお金のこと。
  2. もっとお金を貯めたい!定期預金以外にどんな貯め方があるの?
  3. 通帳の記帳欄がいっぱいに。古い通帳はいつまで保管すれば良いの?

知っておきたいお金の話の新着

コラムの新着

関連するキーワード

検索