コラム

知っておきたいお金の話

老後の夢は海外移住!老後資金はどうすればいいの?

2016/11/14

20160617_l

学生時代に海外留学をしたり、夫婦で海外旅行に行ったりと海外が好きな私たち夫婦。何かと慌しい日本は避けて、老後は海外でゆっくり生活したい!

では、もし日本よりも物価が安い国で過ごすとしたら、老後資金ってどれくらい準備すればいいのかな?


■海外移住を決断する前に知っておこう


老後を海外で過ごすにあたって、最初にすることは滞在国選び。いきなり長期滞在査証 (リタイアメントのビザ)を取得する前に、通常の観光ビザの範囲でロングステイをして本当に拠点を移すことができるのか?を確認する必要があるでしょう。

例えば、老後の移住先として人気のあるタイやマレーシアは、90日までであればビザなしで滞在することができます。90日とは約3か月になりますので、旅行ではなく現地で暮らすという感覚を得るには十分な期間でしょう。

この期間に食事や気候、治安が大丈夫なのか?を確認し、本当にその地に暮らせるのか?を決めると良いでしょう。もちろん同じ国でも都市によって、気候や雰囲気も異なりますので、90日の間に1か月ごと滞在都市を変えてみるのも良いかも知れません。

ロングステイを経て「やはり移住したい!」と確信できたら、長期滞在査証(リタイアメントビザ)を取得すると良いでしょう。

国によって長期滞在査証 (リタイアメントビザ)の発給条件は異なりますが、現地の銀行口座に一定額以上の預金を求められることが一般的です。

よって、滞在費用が安い国へ移住するにしても、一定額の預金を準備しておく必要がありそうですね。金額については後ほど解説いたします。

1 2

知っておきたいお金の話の新着

コラムの新着

関連するキーワード

検索