コラム

知っておきたいお金の話

誰よりも老後を楽しみたい!セミリタイアするために必要な資金とは?

2016/11/10

20161104_l

私も気付けば40代半ば。これまで一生懸命働いてきたけれど、残りの人生を考えると、このままで良いのかなって迷いがでてきた……。一度きりの人生だから、もっと趣味に時間を費やしたり、憧れの海外暮らしを経験したりしてみたいな!そう考えると、セミリタイアも悪くないのかも。でも、正社員として働く期間が短くなる分、老後のお金のこととか気を付けるべきこともあるのかな?

今回は、そんなセミリタイアについて考え始めたあなたに贈るコラムです。


■アーリーリタイアとセミリタイアの違いとは?

20161104_l1
若いうちからきちんと資産形成を行い、早めに仕事を引退して余生を楽しみたい!誰もが一度は、そんな思いが頭をよぎったことがあるのではないでしょうか。けれども、具体的にその内容を考えたことがある人は少ないかもしれません。

定年より前に退職することを早期リタイアや早期退職といいます。そして、早期リタイアには、「アーリーリタイア」と「セミリタイア」の2つのタイプがあります。

【アーリーリタイアとは】

通常、60歳や65歳で会社員人生を退職するのが一般的ですが、アーリーリタイアはそれよりも前の40代や50代など若い年齢のうちに、完全に仕事を辞めて、現役を引退する状態のことをいいます。残りの人生は、趣味や旅行などを楽しみながら生活していくイメージですね。

【セミリタイアとは】

定年よりも早くに本業を辞めるという点では、アーリーリタイアと同じです。では、アーリーリタイアと何が異なるのかというと、基本的には仕事をしないけれども、たまに仕事をし、ある程度の収入を得ながら余生を送るという点にあります。人によっては、数年休み、仕事をし、また数年休み……というスタイルを取る方もいます。

■セミリタイアするうえでの注意点とは

20161104_l2

では、セミリタイアする場合、どのようなことに気を付けなければいけないのでしょうか?

正社員の場合は、定年よりも前に辞めてしまうと、当初納付予定だった年金分を支払わないということになりますので、当然65歳以降に受け取れる年金額も少なくなってしまいます。また、長期間のブランクの後に再就職したいと思った場合、一概にはいえませんが、なかなか希望通りの仕事に就けない可能性もあります。

1 2

知っておきたいお金の話の新着

コラムの新着

関連するキーワード

検索