編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

認知症の患者さんに怒鳴ってしまった…

2016/10/21

誤嚥性肺炎で入院した患者さま。認知症があります。
慢性疾患持ちで内服がかかせません。自宅環境や財政的にも内服できなければ帰れない…禁飲食を経てやっと内服可の指示がでました。とろみ水で内服時のみ飲水可です。

しかしすこしへそ曲がりな所のある患者さまで、始めて受け持った際にその性格を知らずに汚い口腔内を綺麗にしようとケアを念入りにしました。それが不快だったらしくその後の内服時に拒薬をされてしまいました。

薬を飲むのも退院の大事な一歩だし、今ここで誤嚥することで入院がまた伸びてしまう。「全部あなたのためなのに何で飲んでくれないの!!」その気持ちが言葉に現れて「飲むのも嫌!出すのも嫌!吸い出すのも嫌!それはさすがに聞けないよ!どれか一つはしてちょうだい!!」と怒鳴ってしまいました。

今、その患者さまと接する機会が増えて、必ずケア毎に気分転換を加え、気をそらし、内服時は最初に水を極少量唇にのせることからはじめ調子を見ています。拒薬はありますが、様子を見て再トライすれば気分良く飲んで下さいます。そんな患者様を見る度に自分のしたことを後悔し恥じています…

看護師だって人間ですから、感情が抑えられない時だってあると思います。しかしながら、仕事中「オン」の時は何が何でも抑えるべきもの。多少のイライラは仕方ないとしても、怒鳴ってしまうのはいけません。
頭では分かっていても、実際に起こってしまうとどうしようもない…感情のコントロール、これは経験がモノを言うのでしょうか?

感情のコントロールは、経験を積むしかない?

■イライラするのは仕方ない。でも…

ちょっとイライラしてしまうのは仕方ない場面も多いと思いますが、目の前しか見えていないみたいですね。もう少し自分の姿も含めて引いて見て(俯瞰する感じ)みては?

正直私も患者さん相手に、イライラしたり怒鳴りたくなったりすることあります…。でもそんなときは自分に余裕がないことが理由の1つだと分かりました(>_<)自分でクールダウンできるように深呼吸をしてみるとか対応策を考えました。

私たちだって人間です。感情の一つや二つ出しちゃう時もあります。でもグッと堪えるのがプロのお仕事です。グッと堪えるのもお給料の含まれると思って堪える訓練をしましょう。

経験だけ積んでも、怒鳴る人は怒鳴りますよ。怒鳴るという行為は、誰にでもやっては、いけないのではないでしょうか?

どんな状況でも、どんな相手でも怒鳴るなんてあり得ない。怒鳴りたくなるのを理性で我慢しなくちゃならないと思うけどね。

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

関連するキーワード

検索