コラム

知っておきたいお金の話

家を買うのに必要な世帯年収の目安が知りたいな!

2016/9/22

20160607_l

29歳で結婚!主人は同い年。今は賃貸に住んでいるけど、将来的にはマイホームを持ちたい!世の中の人達は、年収いくらになったら家を買うものなのかな?もちろん、マイホームに対して憧れはあるけど、子どもも欲しい……。とはいえ、教育費と住宅ローンでカツカツの生活は送りたくないし……。そんなお悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、世帯年収からみる家の購入費用についてのコラムです。


■みんな世帯年収いくらくらいで家を買っているの?

マイホームを購入する際に気になるのが、年収と物件価格との関係ですよね。高い物件を購入するには、やはりそれなりに高い年収が必要となります。一方、安い物件であれば、それほど年収が高くなくても購入が可能ですよね。いったい、この物件と年収との倍率は、どれくらいが適切なのでしょうか?

【新築マンションの場合】

東京カンテイの調べによると、新築マンションを購入する際の年収倍率は、全国平均で7.66倍とのことです。(2015年)現在の平均年収が429万円なので、物件価格の平均は3,288万円となります。この金額を高いと感じましたでしょうか?安いと感じましたでしょうか?

住宅価格は、地域によって大きく異なります。当然、都市部の住宅価格は高くなりますよね。実際、東京を中心とした首都圏の倍率はとても高くなっており、年収倍率は10.99倍です。首都圏の平均年収は511万円、物件価格の平均は5,616万円なので、都市部において全国平均の価格で新築マンションが売っていたら安く感じるでしょう。そして、東京に至っては年収倍率が11.3倍なので、平均年収627万円に対し物件価格はなんと7,086万円!
新築マンションは非常に高価な買い物になっていることが想像できます。

【中古マンションの場合】

ちなみに、中古マンションの場合は、どのようになっているのでしょうか?先ほどと同じく、 東京カンテイの調べによると、築10年の中古マンションを購入する際の年収倍率は、全国平均で5.18倍、物件価格の平均は2,201万円です。首都圏では、年収倍率は6.69倍、物件価格の平均は3,420万円。東京では、年収倍率8.57倍、物件価格の平均は5,372万円となっています。やはり、新築と比較すると、中古マンションの価格は低くなっていることがわかりますね。
1 2

知っておきたいお金の話の新着

コラムの新着

関連するキーワード

検索