コラム

知っておきたいお金の話

みんなはどれくらい貯めているの?40代の貯蓄額とは

2016/9/12

20160831_l

40代になり、子どもたちも順調に育って順風満帆な人生を送れているけど、何かとお金がかかるのも事実……。そろそろ、将来に向けて貯蓄もしたいけど……同世代の家庭はどれくらい貯蓄できているものなの?子どもの教育費や住宅ローンなど、いちばんお金のかかるこの時期にどうやったら貯蓄できるのかな?
今回は、そんなお悩みをお持ちの奥さま方へのアドバイスコラムです。


■40代の平均貯蓄額はどれくらい?

それでは、40代の平均貯蓄額をみてみましょう。 総務省統計局の『家庭調査報告(貯蓄・負債編)』 によると、平成27年度の40代・2人以上世帯の平均貯蓄額は「1,024万円」と公表されています。また、住宅や土地の購入などにより、負債(ローン)を保有している世帯については「860万円」が総貯蓄額となっており、負債額は「1,653万円」となっています。

「え!そんなに!?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、この貯蓄額には、銀行(普通・定期)預金・生命保険(積立型)・有価証券なども含まれていますので、総貯蓄額=総資産額と思っていただければ良いかと思います。

■お金がかかる時期を乗り越えるためのアドバイス

40代というと、子どもの教育費や住宅ローンなど、いちばんお金のかかる時期ですよね。この時期をどのようにして乗り越えたら良いか、苦戦しているご家庭も少なくないかと思います。そんな方のために、FPという立場からアドバイスをさせていただきます。

何よりも「しっかりとしたライフプラン・マネープランを考えること」が大切です。

30代の時に考えたマネープランでこのまま生活できるだろうか?当初思い描いていたマネープランから何か変化はなかったか?など、定期的に見直して、その都度より最適なマネープランを考えることをおすすめします。ライフプランについても同じで、1人目のお子さまが生まれたときに作ったライフプランのまま2人目のお子さまを授かり、それからはライフプラン表を作り直していない……とすると、当初思い描いていたプランとのズレが生じてしまうかもしれないですよね。最初は少しのズレでも、塵も積もれば山となるもので、いつの日か大きなズレとなってしまうことも……。

上記のことから、やはりライフプランもマネープランも、人生や日々の生活におけるターニングポイントごとに見直す必要があります。
とはいえ、「まだ起きていないことに対して、どのようにライフプラン・マネープランをたてておけば良いの?」という方もいらっしゃるかと思います。ここでは、イメージしやすいように2つ例をあげてみたいと思います。

1.住宅ローン

住宅購入時には「住宅ローン」を組むことが一般的ですが、「現在返済できる金額」と「今後も無理なく返済できる金額」が一定であり続けることは、実は難しいことだったりします。そこで、「今後も無理なく返済できる金額」で住宅ローンを組むことが、安定した返済につながりますので、今後の参考にしてみてください。

2.お子さまの教育費

教育費についても、お子さまの進みたい学校などによって大きく変わってきます。公立なのか私立なのか・大学へ行くのか・医学を学ぶのか・習いごとに通わせるのか・塾へ行かせるのかなど、お子さまにまつわる費用は実にさまざまです。お子さまの意思はもちろんのこと、家庭の経済状況によってどんな選択が可能であるのかをしっかり把握して、お子さまの将来を豊かなものにしてあげられるといいですよね。

1 2

知っておきたいお金の話の新着

コラムの新着

関連するキーワード

検索