コラム

知っておきたいお金の話

家計のためには辞められない…。仕事と家庭を両立させるには?

2016/9/15

20160704_l

結婚して数年。将来のために共働きで頑張っているけれど、残業続きで仕事と家庭を両立させるのがしんどくなってきた…。
仕事と家庭を両立させるコツはあるのかな?


■仕事と家庭を両立するコツ

結婚するまでは何かと優しく、家事も手伝ってもらえるのかな?と淡い期待をしていたけれど、いざ夫婦になると炊事洗濯・掃除などの家事全般が奥さんの仕事に。というケースは多いのではないでしょうか。

フルタイムで働いている以上はお互いに残業もあるのに、休日にひとりソファで横になる旦那さんにイライラ!これから子供を産むとなったら、家事だけでなく育児もプラスされる…そんなの考えられない!

…このような我慢が長引けば、夫婦関係にもヒビが入ってしまいかねません。早めに夫婦で話し合って、解決策を考えましょう!

1)夫婦のルールを決める

たとえば、「料理は奥さん、水回りの掃除は旦那さんの仕事」などタスクごとに分担を決めるのも一つの方法です。また、「平日は奥さん、休日は旦那さん」などとしても良いかもしれないですね。

ただ、お互い働いている以上、きちんとルールを守れるとは限りません。あくまでも、「基本ルール」という位置づけにして、「早く帰ってきた方が○○をやる」等の思いやりや気遣いを忘れないこと、相手が何かをしてくれた時には当たり前と思わずに感謝の言葉を伝えるといった習慣を一緒に作っていくと良いでしょう。

特に、初めのうちは「ありがとう!助かるわ♪」とオーバー気味に喜んでみると、旦那さんもやる気が続いたり、やりがいを感じて、定着しやすくなるかもしれません。最初はうまくできなくても、ダメだしは厳禁ですよ!

2)育児分担はどうするの?

では、ご夫婦だけではなくお子様が生まれた場合はどのように分担していけばよいのでしょうか。

特に乳幼児の時は、授乳があり奥さんの負担が大きくなってしまいますので、その分家事は旦那さんの分担分を多くするのも良いでしょう。また、幼稚園への送迎や、急な発熱の際にどちらが迎えに行くのか事前に話し合っていても、予定通りにいかなこともあるかと思います。

そのため、何事も臨機応変に協力し合うという姿勢が大切です。

なお、フルタイムで働いている場合はどうしても時間が足りませんので、多少コストがかかっても乾燥機付洗濯機や、食洗機などの力を借りることを検討してみても良いかもしれません。

1 2

知っておきたいお金の話の新着

コラムの新着

関連するキーワード

検索