編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

要領の「良いタイプ」は伸びない?

2016/8/19

私は要領は割といい方なので、今の職場が楽しく、独り立ちしてから自己肯定感も高まっています。同期には羨ましがられますが、一方自分はこの性格とやり方で本当に良いのかな?と少し悩んでいます。

同期は「じっくりタイプ」で、夜勤もまだ入らず、先輩のマンツー指導を受けています。先輩方はかなり厳しく叱ったり、そんな言い方しなくてもいいんじゃない?と思う事も。
私は「じっくりタイプ」良いと思うのです。影ながら努力出来る・慎重・知識を確実につけていく・丁寧・我慢強い…本当の意味で力があるのではないかと思います。

自分は、器用貧乏なので大抵の事は人並みに苦労なく出来てしまったりしますが、ふと振り返ると知識も技術もすっぽ抜けてて空っぽだったり。打たれ弱かったり、ズルかったり…そんな自分が嫌いだったりします。

実際1年目なんて皆大して変わらないと言いますし、数年後、空っぽな私は頑張っている同期と同じラインで居られるのかな、なんて思ったりします。皆さんは要領の良し悪しで悩んだり、コンプレックスを抱いたりという事ありますか?

不器用よりは器用な方がいいでしょうし、要領だって悪いよりは良い方がいいでしょう。要領の良さは、仕事をする上で有利に働くことも多いですし、大切なことです。でも、「要領が良いから大丈夫」とはいきません。
要領の良い人・悪い人、それぞれどこに気をつけていくべきなのでしょうか?

要領の「良い」「悪い」

■本当に要領が良い人とは?

要領が良いのは、瞬時に目の前の問題解決の糸口を見つけられるかどうか、の判断能力の違いだと思う。

要領がいいって、知識や技術があるから物事の優先順位をぱっぱっと決められて、無駄のない行動ができること。と私は捉えています。であれば、数年後に知識も技術もすっぽり抜けて空っぽになるのか心配されているようでは、要領がいいとは言えないのではないでしょうか?

看護師という仕事はマルチタスクだという事です。何人もの患者を観ながら優先順位を考え、周りのスタッフの動きも同時に把握していなくてはならないですよね。きっとあなたは元々その能力に長けているのだと思いますよ。

要領がよい=薄い知識しかない、その場しのぎ。ではありませんから。空っぽな思いを抱くのは、深く考えないで行動してしまう自己への焦りかはたまた過信か。

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

検索