コラム

知っておきたいお金の話

私は独身一人っ子。親の老後と自分の老後が不安・・・

2016/8/18

独身のまま30代半ばになって、両親も70代に近い年齢に。あと10年もすれば、親の介護が必要になりそう。そんな時には、一人っ子の自分が面倒みることになるのかな?自分の老後に備えて貯金しているけど、貯金が親の介護費用や援助に回ってしまったら・・・自分の老後は大丈夫??

20160225_l

 

親の介護の確率と期間、必要な金額は?

自分自身がある程度の年齢になると、親の介護が現実味を帯びてきます。

日本人は世界有数の長寿国と言われ、男性の平均寿命が80歳、女性の平均寿命は86歳です。当然年を取れば取るほど介護リスクが高まります。 生命保険文化センターの調べによると、要介護・要支援の認定者は、70代前半では、6.9%ですが、加齢とともに急速に高まります。 70代後半では倍増の14%。80代後半になると59.6%です。

この数値は公的な介護保険を受けた方の数値です。 申請方法を知らない等の理由で、公的な介護保険を受給していない方もいるため、、実際に介護が必要な人の数はもっと多いと考えられます。

女性の平均寿命が86歳であることを考えると、両親が天寿を全うした場合、介護は避けて通れないことだと言えるでしょう。 また、その介護期間は平均で4年11カ月と言われ、1年未満で済んだ方はわずか12%。全体の45.8%は4年以上の介護を行ったとされています。

そして、気になるのが費用です。 介護費用に掛かった平均月額が7.9万円です。この金額は介護費用だけの金額で、日常生活を過ごすには食費、光熱費、医療費等が別途掛かってきます。

 

親の介護と自分自身のライフプラン(次ページへ)

1 2

知っておきたいお金の話の新着

コラムの新着

関連するキーワード

検索