編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

男性ナースの苦悩!エンゼルメイクを綺麗に仕上げるには…?

2016/6/10

長く在宅療養をしていらした高齢の女性で、ご主人と二人暮らし。主治医の確認が終わったあと、ご主人と二人でエンゼルケア行いました。
ひととおり終わったところで、「お化粧どうします?」と聞くと、ご主人は「きれいにしてやりたいけど、俺はやったことないからなぁ。」と。とりあえずがんばりました。

教えてほしいのですが、ファンデーション(?)を顔に塗る(という言い方でいいのか)のですが、なんだか妙に粉っぽくなってしまったのです。化粧品が悪いのでしょうか?それともやり方が悪いのでしょうか?
あと、口紅って唇の色のついてる部分のみに塗ればいいのでしょうか。きちんとやろうと思うとどうしても気になってしまうのです。唇の内側はどこまで?とか。眉毛書くって、眉毛あるじゃん…とか。

自分なりに真剣に死化粧をほどこすうちに、考えれば考えるほどわからなくなってきて。何かアドバイスあればお願いいたします。

女性は毎日メイクをするので、それほど困ることは少ないかもしれません。しかしながら、男性がメイクするとなると…。頭の中が「?」でいっぱいになっている姿が簡単に想像できます。
今回は、男性ナースはもちろん、エンゼルケアに関わるであろうナースに見てほしい!エンゼルメイクを綺麗に仕上げるコツをまとめました。

エンゼルメイクを綺麗に仕上げるポイント

■重要なのは「保湿」

まずはぬるま湯で少し顔を覆って蒸らしてから軽く汚れを拭き取ります。ヒルドイドまたは保湿性のあるクリームを小豆大、自分の手に出し薄く伸ばしてから顔全体に塗ります。その後にファンデーションを使います。

温タオルの前に汚れ落としとして、クレンジングオイルでマッサージしてから拭き取ってます。化粧水、乳液、ファンデーション…とお肌を整えてからお化粧してます。
ご高齢になるとお肌は、私たちより乾燥していると思うので保湿が大事かもしれません。保湿した皮膚なら、粉浮きしませんよ。

亡くなられた後の肌は水分も失われているでしょうから、化粧水や乳液、クリームなどで保湿してあげるのが良いかと思います。

エンゼルメイクで何より大事なのは保湿です。亡くなってからはどんどん水分が失われていくので、それをいかに抑えてあげるかだけで随分お化粧も違ってくると思いますよ。
温タオルでお顔を蒸してあげてマッサージする事で表情も柔らぎます。その後で保湿をしっかりしてあげて下さい。それだけでもファンデーションのノリは違います。

マッサージと保湿だけでも驚くほど変わります。

ワセリンを顔面にベッタリ塗って、蒸しタオルで拭き取ってあげて、化粧水をつけると程よい脂気でモチモチします。これをすると化粧ノリがいいです。

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

検索