編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

信じられない態度の師長

2016/6/1

今年結婚し旦那と一緒に住むため元々今年12月中旬退職予定でした。残り1か月となった今、妊娠がわかりました。病棟には今妊婦さんが3人いて、全体の人数が少なく大変な中での私の妊娠の発覚。またその時点では子宮外妊娠の可能性もあり体調を考え来月は夜勤を一回にしてほしいこと、妊娠したことを師長に報告しました。すると、「え!!妊娠!?困る。正常な妊娠であっても2回は夜勤してもらわないと困る。」と、たったそれだけでした。
私は全く夜勤をしないって言ってるわけではないのに、その言い方はないだろうと思いました。シフト関係、全体の夜勤の人数を考えると師長さんの気持ちもわかります。それでもなんだか悲しくなりました。

「妊娠はおめでたいもの」ですが、諸手を挙げて周りの全員が喜んでくれるものではない現実。特に人手が足りない病棟では、死活問題です。
周りのスタッフの負担が増えるのもわかります。でも、新しく人を雇ったり、配置換えをしたりして上手くコントロールするべき人が「迷惑」の一言で片付けてしまうのは、いかがなものか…?
管理職と妊婦は、いつまで闘わなければならないのでしょうか。

「管理職」vs「妊婦」。埋まらない溝…?

■ナースが経験した、妊娠に関する暴言

同僚からや看護部長からはおめでとう!!言われたのに、病棟師長からは妊娠を「このくそ忙しい時に!!」と半ばパワハラ扱い、素直に喜んでもらえなかった経験ありますのでよく分かります!

妊娠を告げたら師長からは「ホントに産むつもりなの?!」と言われ、しばらくは普通に夜勤もやり、出産翌日には看護部長からおめでとうもなく「辞めるつもりなら育休はとらないで。復帰して子供が1歳の誕生日の翌日からは三交代勤務だからね」と。その言葉通りでした。

私は3年ほど不妊治療をしていて、そのことは師長に伝えていました。体外受精後妊娠したことが分かり、その直後、切迫流産の疑いのため診断書が出たのですぐに電話で師長に伝えると、『あんた何考えてるの!!この忙しい時に!!他のスタッフのことを考えてるの??』と怒鳴られました…

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

検索