編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

「患者さんが可哀相」このケアは間違い?

2016/5/27

今日はある筋疾患の患者さんの受け持ちでした。
ストレッチャーからベッドに移乗した際に「さっき右を向いていたので、ごはん(注入)まで左向きでも大丈夫ですか?」と声かけして、了承を得られたので左側臥位をとりました。

後で主任クラスの人に呼ばれて「何で患者さんに向きたい方向を聞かないの。業務中心になってるからでしょ?患者さんが可哀想。」と言われました。その患者さんは筋疾患のため眼球しか動かないので、文字板でしか意思疎通できません。どんなに時間がかかっても、文字板で訴えを聞いて、少しでも安楽に過ごせるようにと思いながら看護しています。
時間内に終わらせることしか考えてないなんてこと、絶対にありません。なのにそんな言われ方して、悲しくてたまりません。

体位変換の声かけは問題があったのでしょうか?「患者さんが可哀想」なんて言葉、指導のうちでしょうか?

患者さんにケアを行うには、根拠が必要です。今回の場合、投稿主さんの声かけは根拠に沿わない・このケースでは不必要なものだったのでしょうか?
コミュニケーションが取りづらい患者さんだからこそ、慎重にしたい声かけ。ナースの意見をまとめました。

看護ケアに重要なもの

■「可哀相」の根拠って…?

文字通りのセリフなら、根拠が見えないもんな。憶測でモノを言っているし、一方的な感じ。

主任クラスの人は患者さんに、どちらを向きたいか聞けと言ったのですか?どう解釈すれば『業務中心になっている』となるのか不思議ですね。ミスの粗探しするような人が言う「患者さんが可哀想」って発言は指導じゃないでしょ。明らかに粗探しのイヤミ、イチャモンですね。

主任クラスの看護師の方は、”なぜ どうして?”が抜けているように思います。注意するにしても相手がどうしてこのような行動や発言をしたかを考えることが必要だと思います。

患者さんがかわいそう!って言うナースいるいる。たがが感情論で言われても、言われた方がかわいそう!だわ

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

検索