編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

配属1ヶ月。本当にやりたかったことはコレなのか…?

2016/4/29

新人です。オペ室を希望し配属され、一人で入れるオペが徐々に出てきました。
高校生のときから精神障害者と関わりたく、看護師を目指していました。大学在学中もそれは揺るぎませんでした。しかし、就職先を決める際に、新人で直接精神科に行くのはよくない。と言われ、私もそれに納得し、一般総合病院に就職しました。

オペ室に配属されて1ヶ月が経ち、本当にこれが私のやりたかったことなんだろうかと思いました。まだ2ヶ月。ここであとどれくらい頑張れいいのでしょうか。

目指していた理想と、いま自分が置かれている現実。理想を叶えるために現実を頑張る!のだと思うのですが、その2つがあまりにも解離していた場合、どうやってモチベーションを保つべきか…?
新人ナースに、先輩からの愛の喝!!

理想と現実の解離

■新人で精神科に行かない方がいい理由

精神科に新人でいくのはよくないのは、つぶしがきかないからです。はじめに一般病棟で一般的な看護を勉強し、習得した上で、精神疾患をもつ患者さんを看護するほうがよいとの周囲の意見でしょう

精神科の患者も、一般の科のような病気、怪我をして治療にきます。そのためにも一般の科を、経験したほうが、いいと思います。

この時代、精神科にいる患者だけが精神疾患を抱えている訳でないと思います。逆に、精神科の患者も高齢化に伴い様々な疾患を持っているいる人が多いと聞きます。

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

関連するキーワード

検索