編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

50~60代の先輩からケンカ腰で理不尽な注意ばかり…

2016/3/30

今年、看護師2年目になった男性看護師です。
奨学金の関係で療養型の病棟で働いていますが年齢層が高く自分と価値感が違う人がとても多くいます。幸いプリセプターさんとはうまくいってますが、50~60歳の方とは全然うまくいきません。
学力や技術のことで注意されるのは分かりますが、あいさつしても無視されたりカルテを記入してるのに座ってると勘違いされいきなり怒鳴られたりして、意見はなにも聞いてもらえず仕事やるのにもかなり萎縮してしまっています。指導の度合いがいきすぎているようにも思えます。
師長に相談もしましたが、自分がさぼってるように見られないような態度をとりなさいと言われました。正直ショックでした。

「指導」はもれなく新人さんが先輩から受ける洗礼。しかしながら、一言「厳しい」といっても、厳しさの内容は様々です。本当に新人さんの成長を願って厳しく指導しているのか、それとも、ただ自分のムシの居所でコロコロ変わる指導なのか…?
新人男性ナースが受ける「厳しい指導」、どうやって乗り越えれば良い?

理不尽な指導の原因は…?

■「男性看護師」だから?

男性看護師は、珍しくもなんともなくなった。ただし、若い男性看護師は珍しいので、ちょっとかまってみたくもある。職場の同僚の方も、珍しいのは「男性だから」ではなく、「若い職員」というだけだと思いますよ。

今まで男性看護師と仕事をしたことがない世代は、気持ちの抵抗感が強いのでしょうね。

結構男性の方って仕事が雑だと思って見ているの。それを男性は自覚していない。少なくても、後始末なんかはきちっとした仕事ッぷりをして欲しいかな。めんどい。って思うかもしれないけれどオバサマは細かい所を見ているんだよね。自分の事は棚に上げるけれど。

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

検索