編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

社会人になっても恋愛に反対する親って…

2015/7/20

看護師2年目の22歳、彼氏居ない歴=年齢の者です。
好きな人が欲しいし欲を言えば彼氏をつくりたいです。恋したいな~と、家族に言うと、「あんたなんてまだ働いて2年目でしょ。今は仕事でしょ。」と怒られます。学生の時は、「今は勉強でしょ。国家試験が大切。とにかく勉強!」「高校生で彼氏なんて早い、なに言ってんの。」と言われてきました。

なぜ私の親は、こんなに厳しいのか?娘の恋愛をどうして応援してくれないのか。娘の幸せを考えられないなんて、最低ですよね! 私だって幸せになりたーい!

「親の心、子知らず」とはよく言ったものですが、当事者にとってみれば「分かるわけがない!」と叫びたくなるもの。厳しくされるのは理由あってこそのものだと思いますが、その厳しさを煩わしく感じてしまった経験がある人も多いでしょう。

「恋愛するには早い」と言う親の本心とは?親ナースが代弁します!

親の気持ち、子の気持ち

■子の気持ち。同じような経験があります。

私の母も「学生のくせにお酒を外で飲んでくるなんておかしい。ダメ」「女が外で酒を飲んで来るなんてダメ」当時は本当に理不尽だと思ったものです。

私も、あなた位の年齢の時、同じこと考えてました。親は、「いまは恋愛や結婚は早い、結婚したって何もできないよ、」「もっと仕事に専念しなさい、一生懸命に覚えて一人前の看護師になりなさい。」その言葉を聴き、怒りとイライラで、そんなことない、結婚もできると思いました。

■親の気持ち。親になったからこそわかる「親心」

今から考えると、親の言っていたことは正しかったです。仕事もいろいろ嫌なこともあるし、どこか逃げ場が欲しくて、それが恋愛や異性だったようです。縁があり、23歳で結婚しました。早すぎで、仕事も中途半端な状態になりました。それがいまも尾をひき、50歳でも悩んでます。

まだまだこれからどんどん勉強して行く余地がある子供に『仕事や勉強より、まずは恋愛』なんて言う親いませんて。そんな事も想像できないで、イライラしてどうするんですか。

親になった今、あなたの気持ちも子供の気持ちもわかります。でもどこの親も最終的には子供の幸せを絶対に願っています。

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

検索